【ヴィンランド・サガ】166話ネタバレ!トルフィンとグズリーズの結婚式

 

ヴィンランド・サガ166話のネタバレになります。

前回、シグルドたちがアイスランドを離れてから、一気に2年の月日が流れました。

トルフィンの故郷の村に6隻の船団が現れ、それを見たトルフィンの姉・ユルヴァがハーフダンが花嫁を誘拐された仕返しにやってきたと勘違い。

村の男たちを扇動してトルフィンたちに矢を射る一幕がありましたが、主人公が久々に登場です。

 

スポンサーリンク

1. 2年ぶりに故郷アイスランドに戻ったトルフィンたち

 

帰郷を果たしたトルフィンたちは皆、誇らしげな顔をしています。

 

トルフィンは呆気にとられる姉・ユルヴァと対面し、ぎこちなく挨拶をしました。

 

「た、ただいま 姉上」

 

トルフィンの名を呼び近づくユルヴァ。それに既視感を感じるエイナル。

 

ユルヴァは強力なアッパーカットを放ち、トルフィンはそれをかわします。

 

ユルヴァはよけたことに文句を言いつつ、グズリーズを誘拐したことをとがめました。

 

トルフィンの胸ぐらをつかみ、グズリーズをハーフダンのところに戻すように言います。

 

そんなユルヴァに、成長したカルリが足に噛り付きました。

 

見たことのない小さな子供を不思議に思うユルヴァに、トルフィンは

自分の子供だ

と伝えます。

 

ユルヴァは呆然とし、母親は誰かを訊ねました。

 

グズリーズが母親だと紹介され、ますます混乱するユルヴァ。

 

「なんてこったァァ」

 

ユルヴァの叫びが山にこだまします。

 

スポンサーリンク

2. ハーフダンへの謝罪と挨拶

 

村の人たちはトルフィンの6隻の船を見ながら口々に感嘆や羨望の声を上げます。

 

エイナルはそんな声を気にもせず、ひとりごちるように言いました。

 

「船と資金はそろった。あとは人だ…」

 

エイナルは西の海の果てヴィンランドへ行き、その地を開拓するべく参加者がいないか村人に声をかけるのでした。

 

トルフィンの生家にてユルヴァはさっきのことを謝罪しつつ、ハーフダンへの謝罪が必要だと言いました。

 

同席していたレイフと責任を感じていたグズリーズもそれに同意し、トルフィン、グズリーズ、レイフの3人はハーフダンに会うため彼の屋敷に向かいます。

 

屋敷にてトルフィンはハーフダンへ角が高く売れたことへの礼を言い、謝礼を渡しました。

 

恐ろしい形相のハーフダンに怯えるグズリーズを尻目に、ハーフダンはトルフィンに対し、本気でヴィンランドを開拓する気なのかを問います。

 

トルフィンは即座に本気だと答えると、怯えたままのグズリーズがハーフダンに謝罪をしました。そして、

自分のことは好きにしていいから、トルフィンを助けてほしい

と涙を流しながら懇願します。

 

それを聞いたハーフダンは呆れたように問います。宴は開いたのか、と。

 

結婚の宴を開いたのか聞かれたトルフィンは、旅暮らしで何もしていないことを伝えます。

 

ハーフダンはトルフィンたちが謝礼として持ってきた金を使って、宴を開けと言いました。

 

スポンサーリンク

3. 盛大なトルフィンとグズリーズの結婚の宴

 

大規模な宴が始まりました。

 

多くの人たちに祝福されるトルフィンとグズリーズ。

 

皆、楽しそうに笑い飲んで騒いでいます。

 

そんな中、ヒルドは一人離れた場所でその景色をただ静かに眺めていました。

 

宴が終わり、夕暮れ時の岬に、グズリーズと眠ったカルリを抱いたトルフィン、ハーフダンの3人がいます。

 

2人に背を向け海を見ながら杯をあおるハーフダンへ、グズリーズは改めてお礼を言いました。

 

ハーフダンは、シグルドに「トルフィンを助けてやってくれ」と頼まれたからだ、と答え、グズリーズとトルフィンを驚かせます。

 

グズリーズは静かにシグルドのことを話します。

シグルドは自身の損と不名誉を受け入れ、自分に自由をくれた

とても優しい人だ

とハーフダンに伝えます。

 

ハーフダンはつまらなそうにフンと吐き捨て、言いました。

 

「当たり前だ。オレの息子だぞ」

 

3人は美しい夕焼けの海を静かに見つめます。

 

4. 商いに成功し、故郷に戻ったトルフィンたち。次は開拓に向けての準備か?

 

トルフィンたちは無事に商いを終え、故郷に戻りました。

 

6隻の船と資金を得、ハーフダンの協力も取り付け、トルフィンたちはようやくヴィンランド開拓に本腰を入れることになります。

 

エイナルも、いよいよだと言っていましたが、トルフィンたちにとってはここからがスタートになります。

 

レイフがいるとはいえ、アイスランドからヴィンランドまで行くとなると過酷な船旅になりますし、ヴィンランドに着いてもそこから一波乱あるのは間違いないでしょう。

 

しかし、前回前々回と続いてハーフダンがカッコいいです。最初に登場したときは見た目も言動も悪人のような人物でしたが、こんなにカッコよく感じることになると思いませんでした。

 

髪が伸びて可愛くなったグズリーズの印象が薄くなるほどです。

 

ハーフダンはヴィンランド開拓に協力するので、これから出番はちょいちょいありそうですね。

 

開拓するために人集めが必要なので、これからどう話が進むのか楽しみです!

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。