ハンジの予想は的中?ジークは嘘をついているのか?!【112話未回収】

 

みなさん、こんばんはナガトです。

 

112話「無知」をお読みになった読者様なら知っているとおり、ジークの嘘が疑われ始めました。

 

こちらのシーンがそうです。↓

 

「進撃の巨人」112話「無知」より/諌山創

 

ハンジ:「ジークがそう言っただけだ」「誰もその現場を見たわけじゃないから私達には確かめようが無い

だけど…たった一言で済むその嘘の効果は

絶大だ

続けてハンジもしジークに脊髄液を盛られても「硬直」という前兆があるのなら その前兆が見れれない限り毒を盛られた発想すらしない

ハンジ:「ジークがそう言っただけだ」「誰もその現場を見たわけじゃないから私達には確かめようが無い

だけど…たった一言で済むその嘘の効果は

絶大だ

続けてハンジもしジークに脊髄液を盛られても「硬直」という前兆があるのなら その前兆が見られない限り毒を盛られた発想すらしない

 

 

スポンサーリンク

脊髄液を摂取しても硬直しない?!

 

112話でのコニーとハンジのやり取りの場面で、ラガコ村の住民が意識を失い倒れている様子が描かれています。同じような描写が27巻110話「偽り者」にも描かれていますよね。

 

ということはジークの発言は嘘なのでしょうか?ここでジークが嘘をついていると仮定したとすると、ジークに嘘をつくメリットはあるのでしょうか?そこで嘘をついてジークにメリットはあるでしょうか?

 

もしジークがハンジ達に「硬直しない」と言っていたとしたらハンジたちはどのように動いたでしょうか?考えられることがあるとしたら、ジークに実際に叫んでもらうくらいでしょうか。考えらなくはない方法かもしれませんが、ちょっとアホっぽくないですか?(笑)想像するとなんだか面白いです。

 

もう一つ、ジークは嘘をついていないという考え方もできます。どういうことかというと、単にジークの脊髄液を飲んだだけでは「硬直」はしないけど、ラガコ村で撒かれたあのガスを吸うことで「硬直」するという考え方です。

 

正直まだジークが嘘をついているのかどうかの判断は難しそうですね。そこで次はもう少し範囲を広げて見ていきましょう。

 

112話の最初の方でコニーが「ジークの背髄液を飲んだ時点でエルディア人は『硬直』するんだろ!? ラガコ村じゃそうだって…」と言っています。

 

「進撃の巨人」112話「無知」より/諌山創

 

ナガトは最後の「ラガコ村じゃそうだって…」が少し怪しいなと見ています。ジークはラガコ村のケースについてのみハンジ達に語ったということでしょうか?そうなるとハンジたちが誤解してもおかしくありません。

 

ラガコ村でまかれたガスを吸わずにジークの脊髄液を摂取(ワインに混ぜて摂取)した場合は「硬直」しないということをジークは言わなかったのだと考えられます。それが意図的なのかそうじゃないのかはわかりませんが。

もしそうだとするとジークは全てを語っていないだけで嘘をついているわけではないと言えますね(>_<)

これがジークの狙いなのかもしれませんね。多くを語らず、と。

 

もう一つ気になることがあります。

 

「進撃の巨人」110話「偽り者」より/諌山創

 

これはジークがラガコ村の住民を巨人化させるときの場面です。あくまでジークが言っていることなので描写がすべて本当かはわかりません。ここで気になるのはガスマスクを装着しているマーレ側の人間です。

 

この人たちがマーレ人なのかエルディア人なのかはわかりませんが、もしマーレ人ならジークの脊髄液を摂取しても巨人化はしないはずなのでマスクをつける必要はありませんよね。

 

でもここでマスクを装着しているということはマーレ人にも何かしらの影響が出ると思えますよね。ということは「硬直」の原因はジークの脊髄液にあるのではなく、ガスにあるということになります。

でもこれはガスマスクを装着している人達がエルディア人ではないという前提が必要なのでそこが分からない以上なんとも言えませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ジークが嘘をついているのかどうかはわかりませんが、ハンジの予想はだいたい当たっているのかなと思いました。ジークはあたかも脊髄液を体内に入れるためにはガスでまき散らす方法しかないと言っているように思えます。

ワインを使って体内に脊髄液を入れるというのを勘ずかれないように大事な部分は言わなかったんだ、とナガトは思っています。

ジークはまだ兵団に隠していることがあるなと思わされた考察でした。

 

他にご意見、感想または見落としている部分があればコメント欄に書いてもらえると嬉しいです\(^o^)/

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。