進撃の世界(当サイト)の利用規約

 

このページではすこし真剣なことを書いています。

 

なので「堅苦しいな」と感じるかもしれません、、、m(__)m

 

著作権について

 

当ブログサイトで掲載している画像などの著作権や肖像権などはすべてその権利所有者さまに帰属いたします。

 

主な掲載物けいさいぶつの引用もと

 

掲載物は主に別冊少年マガジンにて連載の「進撃の巨人」コミックス、本誌、またWIT STUDIO制作アニメ「進撃の巨人」から引用しています。

 

»進撃の巨人作品公式ページ

»アニメ「進撃の巨人」公式ページ

 

主な掲載物の引用もと

・「進撃の巨人」コミックス

・「進撃の巨人」本誌

・アニメ「進撃の巨人」Season1 ~ Season3

・「進撃の巨人」のスピンオフ作品

※その他にも進撃の巨人作品とは直接関係のない画像なども含まれています。

 

各権利所有者様や第三者に不利益がない様に配慮しておりますが、掲載内容に問題がある、もしくは掲載内容に問題があるように思われる場合は、各権利所有者様本人からご連絡頂けましたら幸いです。

 

速やかに対応いたしますm(__)m

 

»お問い合わせフォームはこちら

 

このブログについて

 

このブログのサイトアドレスは https://jp-animenities.com/です。

 

このサイトが収集する個人データと収集の理由

 

コメント

 

当ブログサイト訪問者がこのサイトにコメントを残す際、コメントフォームに表示されているデータ、そしてスパム検出に役立てるための IP アドレスとブラウザーユーザーエージェント文字列を収集しています。

 

メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、当ブログサイト訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。

 

同サービスのプライバシーポリシーは https://automattic.com/privacy/ にあります。コメントが承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。

 

メディア

 

サイトに画像をアップロードする際、位置情報 (EXIF GPS) を含む画像をアップロードしないことをオススメします。

 

サイトの訪問者は、サイトから画像をダウンロードして位置データを抽出することができちゃいますので。

 

Cookie

 

サイトにコメントを残す際、お名前、メールアドレス、サイトを Cookie に保存することにオプトインできます。これは当ブログサイト訪問者のためであり、他のコメントを残す際に詳細情報を再入力する手間を省いてくれます。この Cookie は1年間保持されます。

 

もし当ブログサイト訪問者がアカウントを持っており、このサイトにログインすると、このサイトは当ブログサイト訪問者のブラウザーが Cookie を受け入れられるかを判断するために一時 Cookie を設定します。この Cookie は個人データを含んでおらず、ブラウザーを閉じた時に廃棄されます。

 

ログインの際さらに、ログイン情報と画面表示情報を保持するため、当サイトはいくつかの Cookie を設定します。ログイン Cookie は2日間、画面表示オプション Cookie は1年間保持されます。「ログイン状態を保存する」を選択した場合、ログイン情報は2週間維持されます。ログアウトするとログイン Cookie は消去されます。

 

もし投稿を編集または公開すると、さらなる Cookie がブラウザーに保存されます。この Cookie は個人データを含まず、単に変更した投稿の ID を示すものです。1日で有効期限が切れます。

 

データを保存する期間

 

当ブログサイト訪問者がコメントを残すと、コメントとそのメタデータが無期限に保持されます。

 

これは、モデレーションキューにコメントを保持しておく代わりに、フォローアップのコメントを自動的に認識し承認できるようにするためです。

 

このサイトに登録したユーザーがいる場合、その方がユーザープロフィールページで提供した個人情報を保存します。

 

すべてのユーザーは自分の個人情報を表示、編集、削除することができます (ただしユーザー名は変更することができません)。サイト管理者もそれらの情報を表示、編集できます。

 

データに対するあなたの権利

 

このサイトのアカウントを持っているか、サイトにコメントを残したことがある場合、私たちが保持するあなたについての個人データ (提供したすべてのデータを含む) をエクスポートファイルとして受け取るリクエストを行うことができます。

 

また、個人データの消去リクエストを行うこともできます。これには、管理、法律、セキュリティ目的のために保持する義務があるデータは含まれません。

 

あなたのデータの送信先

 

訪問者によるコメントは、自動スパム検出サービスを通じて確認を行うことがあります。