【進撃の巨人】道の少女とジークを助けた巨人の関係を予想考察!!

 

ナガト
みなさん、こんばんは!ナガトです。

 

115話で初めて登場した道の少女は、ジークの体を砂で修復することで瀕死のジークを救いました。

それと同時にもう一つ注目すべき出来事がありました。

ジークのもとにやってきた無垢の巨人が自らの腹を裂いてジークをその中に入れたことです(`・ω・´)

道の少女の登場もそうですが、こちらも無視できませんよね!

今回は、「なぜ無垢の巨人がジークを救ったのか?」に焦点を当てて考察を進めていきます(`・ω・´)ゞ

【進撃の巨人】始祖ユミル・道の少女とは何なのか?【まとめ】

2019.11.06

 

スポンサーリンク

無垢の巨人がジークを取り込む

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

かなり衝撃のシーンでしたが、無垢の巨人はたしかにジークの体を自分の腹の中に突っ込みました。

 

ジークの意識が薄らいでいく中で少女の姿が現れますが、それとほぼ同じタイミングでこの巨人が現れました。

 

「同時」と言っていいのかわかりませんが、描写からはほぼ同じタイミングで登場したように感じませんか?

 

道の少女との関連

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

「道の少女が登場」から「始祖ユミルが登場か!?」と一気に関心が集まりましたが、その分この無垢の巨人の存在が弱まっていた気もします。

 

そもそも、ジークを助けに来た無垢の巨人と道の少女との間にはどのような関係があるのでしょうか?

 

ナガトが最初115話を読んだときの印象としては、「道の少女が座標から力を行使することで、ジークを助けさせたのかな?」という感じでした。

アニメ「進撃の巨人」57話「あの日」より/諌山創

やはり直観的に「道の少女=始祖ユミル」という印象を抱いていましたね!

 

始祖ユミル(ユミル・フリッツ)は「九つの巨人」の元になった力を持っていたとされるので、無垢の巨人を操作することができますよね(`・ω・´)

 

ただ、ここに関しては反対意見もあるようです。

 

道の少女はジークを助けようとしたのか

 

そもそも道の少女の正体が始祖ユミルかどうかわからない以上、道の少女が無垢の巨人にジークを助けるように命令したかどうかはわかりません!

「進撃の巨人」120話「刹那」より/諌山創

120話にてジークは、道の少女は王家の人間の言うことに従い続ける奴隷だと言っていました。

 

これは逆に言えば、

王家の人間が何か命令しない限りは、何の行動も起こさない

ということにもなる気がします!

 

そうなると、115話の今回のシーンを説明するためには、「ジークを助けるよう道の少女に命令した王家の血を引く人物」が必要になりますよね?

 

ジークが瀕死のときに一体誰が道の少女に命令したというのでしょうか?(`・ω・´)

 

あの無垢の巨人がジークを助けに来たことと道の少女はもしかしたら無関係なのかもしれません!

 

「でも王家の人間を宿主だと思っているなら、その人が瀕死のときに助けるようにプログラムされているのでは?」と言った意見も出てきそうです。

 

たしかにそう考えるのが自然かもしれませんが、少し気になるところがあります。

「進撃の巨人」87話「境界線」より/諌山創

無垢の巨人にされてしまったダイナは王家の血を引く人間でしたが、人間の姿に戻ることはありませんでした。

 

もし道の少女が王家の人間を無差別に助けようとするのなら、王家のダイナにも何かしら救いがあったのかな、と思えてきますよ(; ・`д・´)

「進撃の巨人」50話「叫び」より/諌山創

50話で巨人たちに襲われたダイナ巨人が絶命したのかは謎のままですが、もし道の少女が王家の人間を救うようにプログラムされているのなら、ダイナが生きているなんていう展開もあるかも、と思っています、、、(゚Д゚;)

 

とにかくここで言いたいのは、無垢の巨人がジークを助けに来たことは道の少女とは関係ないのでは?ということです。

 

ジークの体を修復したのは、たしかに道の少女かもしれませんが。

 

「道の少女=始祖ユミル」だとしても命令はできない?

 

道の少女が始祖ユミルであったと仮定した場合ですが、ここでも「ジークを救った巨人に命令したのかどうか」については疑問が出てきそうですよ(; ・`д・´)

 

始祖ユミルの力は、死後九つの巨人に分けられました。その事実を純粋に受け止めると、始祖ユミルに力は残っていないことになるので、座標から始祖ユミルが力を行使するというのは考えにくいですね。やっぱり大地の悪魔のしわざなのかもしれないな、と考えたりしています。#進撃の巨人

— ナガト@アース調査兵団兵士 (@nagatoshingeki) August 19, 2019

「進撃の巨人」86話「あの日」より/諌山創

グリシャ父の話では、そもそもユミル・フリッツは死んだとなっていますし、死後は「九つの巨人」に力を分けています。

 

そうなると、「始祖ユミルが座標から力を行使して無垢の巨人に命令を下す」といったことはできないように思えてきますよ(`・ω・´)

 

もし、始祖ユミルの力が働いていないのなら、115話の無垢の巨人はなぜジークを助けに来たのでしょうか??

【進撃の巨人】始祖ユミル・道の少女とは何なのか?【まとめ】

2019.11.06

 

スポンサーリンク

無垢巨人はジークの指示に従った

 

以上までで道の少女について語ってきましたが、ここからはジークを救った無垢の巨人に焦点を当てます!

 

あの巨人がジークを救いに来たことが道の少女とは無関係である場合、一体何があの巨人を動かしたのでしょう!?

 

ジークの叫びによって巨人化

「進撃の巨人」112話「無知」より/諌山創

そもそもジークを助けた巨人の正体は、巨大樹の森でジークを監視していたリヴァイの部下の一人でした。

 

115話を見ると、突然巨人が現れたかに見えたりもしますが、そうではないようです。

「進撃の巨人」113話「暴悪」より/諌山創

「進撃の巨人」113話「暴悪」より/諌山創

巨大樹の森から出るためにジークを手に乗せて走っていた巨人ですね(`・ω・´)

 

結局ジークに体をちぎられてしまいました、、、。

 

しかしその後の「ピクッ」が伏線となり、実は絶命していなかったという流れです!うなじは無事だったのでしょう。

 

ジークの命令か?

 

あの巨人が元は調査兵団の一人であり、ジークの脊髄液を飲んだ人間であるなら、巨人化後はジークの命令通りに動きます!!

 

ということは、

ジークが自分を助けるように指示したため、あの巨人がジークを助けに来た

と思えてきますよ!(^^)!

 

瀕死のジークは声を出していませんでしたが、巨人に自分の後を追わせるようにあらかじめ指示しておいたのかもしれません。

 

道の少女の描写はいかにもジークを救った巨人と関係が深そうですが、そうではない可能性もありそうですよね(; ・`д・´)

 

というわけで今回はこのくらいで以上にしたいと思います!

 

最近はTwitterのフォロワーさんが少しずつ増えてきました(*^^*)

 

まだまだ考察を続けます!

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。