【進撃の巨人】エレンて優しい主人公に見えるけど本当はちょっと違うよね

—-ここから本文—-

どもども。ナガトです。

今日は「エレンて優しい主人公に見えるけど本当は違くね?」っていう話をしてみます。

130話でエレンの登場が久しぶりだったもので、エレンの話がしたくなる時期です(笑)。

【進撃の巨人】130話「人類の夜明け」ネタバレ&感想を語る!

2020.07.10

【進撃の巨人】130話でマーレ編以降のエレンの行動が明らかに!

2020.07.11

【進撃の巨人】130話で描かれたエレンの発言まとめ!

2020.07.11

【進撃の巨人】エレンが「すべては決まっていた」と感じる理由は?

2020.07.12

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

 

スポンサーリンク

130話で見えたエレンの優しさ

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

エレンの優しが出たのは130話のヒストリアとの会話です。

130話公開のときも言いましたが、本当にこの二人の会話シーンが待ち遠しかった。

130話でついに来た!という感じっす(*’▽’)

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

憲兵の言いなりになってヒストリアが獣の巨人を継承して子供を産ませられることに反対するエレン↑

界隈ではエレンとヒストリアが♡みたいな雰囲気があったりもしますが、まぁそれは置いておいて、この言葉を聞いてヒストリアはどう思ったんだろう。。。

嬉しいんじゃないかな?

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

うん。

嬉しいに決まってる!

表情は微妙だけど、内心嬉しいって思ってると思うんです。

「エレンのその気持ちは超ありがたいけど、やっぱり関係のない人たちを殺すのは嫌だ。」

そういうジレンマですね(`・ω・´)

エレン優しい奴だなと思えるわけです。

 

一方通行な気がする

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

でもここで感じたエレンの優しさ、思いやりみたいなものは嘘な気がします。

嘘っていうのは言い方が悪いかもですけど。

思いやりとか、ヒストリアのためって言うのはちょっと温い気がしていまして。

エレンはパラディ島を攻撃してこようとしてくる奴らを消そうと思っていて、さらには文明をも消し去ろうとしてますよね。

ヒストリアのため、というよりは、自分のために行動しているなぁと感じるんですけどこの感覚伝わるだろうかぁ?

これはたぶん、エレンというキャラクターがそういう設定になっているからという部分が大きい気がします。

「駆逐系主人公」とか言われるように、エレンは誰が何と言おうと自分が選んだ道を進み続ける人間なんだと思います。

【進撃の巨人】130話で描かれたエレンの発言まとめ!

2020.07.11

 

スポンサーリンク

思いやりだってある

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

復讐とか破壊とかそういうものだけがエレンを形成しているわけじゃなくて、もちろん思いやりとかもあるとは思います。

でもそれはほんのちょっとかなと。

仲間は死なせたくない(人間的)

だから敵は全て殺す(非人間的)

仲間を守りたいっていうのはエレンの優しさの部分で、でもそれを実現するために非人間的になるっていう。

そんな感じ。

【進撃の巨人】130話「人類の夜明け」ネタバレ&感想を語る!

2020.07.10

【進撃の巨人】130話でマーレ編以降のエレンの行動が明らかに!

2020.07.11

【進撃の巨人】130話で描かれたエレンの発言まとめ!

2020.07.11

【進撃の巨人】エレンが「すべては決まっていた」と感じる理由は?

2020.07.12

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。