【進撃の巨人】原作107話あらすじ&ポイント【ネタバレあり】

あなたは…我々が失った一国の主の末裔
ヒィズル国の希望です

故郷の歴史を語るキヨミ

 

どうも!ナガトです。

この記事ではコミックス「進撃の巨人」107話のあらすじを振り返っています。

「ネタバレ嫌だ!」という方はご遠慮くださいm(__)m

特に、ポイントまとめの部分では108話以降の内容に関するネタバレを含んでいることがあります。警戒してください。

内容の振り返りのあとはポイントをまとめていますので、考察したい場合など参考にしてください!

ではいきます(`・ω・´)

【進撃の巨人】原作108話あらすじ&ポイント【ネタバレあり】

2020.01.04

進撃の巨人全記事まとめはこちら

 

スポンサーリンク

進撃の巨人107話「来客」のあらすじ!

(ここでは軽くあらすじをまとめていきます。詳細には触れません。)

 

タイトルは「来客」でした。英語版ではVisitorです。

ハンジは一人でエレンが閉じ込められている地下牢にやってきました。「私は…確信してた」「君がヒストリアを犠牲にすることは無いって…」と言うハンジは2年前に行われた歓迎式の日を思い出します。

パラディ島に降り立ったのはヒィズル国特使のキヨミ・アズマビト。ミカサの手首の刺青を見たキヨミは、かつての東洋の国、つまりヒィズル国に存在していた将軍家の歴史を語り、ミカサがその家の末裔であることを明かすのでした。

その後はキヨミを代表とするヒィズル国と兵団の間で会議が行われました。キヨミが明かしたのはマーレで開いたジーク・イェーガーとの密会。今までのジークによる殺戮行為はあれど本当はエルディア復権を志しているのだということをキヨミは伝えます。アズマビト家の役割は兵団とジークのあいだを取り持つこと。ジーク一人ではパラディ島に接近することはできずとも、アズマビト家を通すことで信頼を得ようということです。そしてアズマビト家はその報酬としてパラディ島に眠る地下資源を得るとのこと。

次にキヨミはジークの「秘策」を含めた計画の詳細を話します。「エルディア人と世界を救う『秘策』にはヒィズルの介入が不可欠とのことです」とキヨミは言います。まずパラディ島が世界と対等に渡り合うためには島と世界とのあいだにある軍事力の隔たりを消す必要があります。島の近代化に50年かかるという計算で、「地鳴らし」を50年間つづけることで近代化までの時間を稼ぐというのが作戦の概略です。さらに「地鳴らし」を50年間行うために王家の血を引く人間を増やす必要があるので、ヒストリア獣の巨人にしたうえで出来る限り子どもを産ませる必要があると言うのです。ヒストリアはその場で受け入れますが、エレンは断固反対です。

ここで現在の場面に戻ります。今後一人で行動するつもりかと問うハンジにエレンは怒りを表します。「他のやり方があったら!!教えて下さいよ!!」とエレンは怒鳴ります。

場面は変わり、ニコロ、ジャン、コニー、ミカサが登場。彼らは戦死した仲間の墓地に来たようでサシャの話をしていました。そこに現れたサシャの父親に向かって「俺の料理を食べに来て下さい!」とニコロが言うのでした。

場面は変わり、反マーレ派義勇兵たちが登場します。兵団に命令されていたのか、彼らはマーレから巨人化注射薬を奪いそれらをピクシスに提供していました。そんな義勇兵の行動とは裏腹に兵団は彼らを取り押さえます。理由は状況が不安定だからです。不確定要素が多いために兵団は先に手を打つしかなかったようです。

次に監視体制にあるジークが登場。彼はリヴァイとともに巨大樹の森へ入っていきます。ジークはここで待機するようです。

次にエレンと同じく牢屋に閉じ込められているガビファルコが登場。ガビは急にバタバタと体を動かし、苦しんでいる様子。彼女の異変に気づいた駐屯兵の看守が彼女に近寄ると、ガビは彼の顔面を煉瓦ブロックで殴りつけます。二人は牢から脱走し外に出たのでした。

奇襲を受けたマーレではライナーが目を覚ましたところです。「ファルコとガビの声が聞こえた」と二人を心配しています。

再び場面は変わり、街からは離れたどこかの地が描かれています。そこには建物がありますが、周りには自然以外何もないようなそんな風景です。家の外で椅子に座る一人の女性。「中に入ろう ヒストリア」と女性に声をかけたのは家から出てきた一人の男性。「もっと体をいたわらないと」と言う彼の目の前で、彼女は膨らんだお腹に両手を当てているのでした。

107話のあらすじは以上です。

【進撃の巨人】原作109話あらすじ&ポイント【ネタバレあり】

2019.12.21

 

スポンサーリンク

ポイントまとめ

 

107話「来客」のなかでナガトが個人的にポイントだと思った点をまとめました。

参考にしてみてください!

 

ミカサのルーツ

「進撃の巨人」107話「来客」より/諌山創

107話でもっともインパクトの強かった情報の一つだったのではないでしょうか?

ミカサが東洋の一族の血を引くことは以前からわかっていましたが、その東洋の国はヒィズル国という名の国でした。

さらに、かつてのヒィズル国の将軍家がミカサの一族の祖先だったのです。

ミカサが母親から受け継いだ刺青がその証拠となりました。また「アズマビト家の御祖(みおや)」とあることから、将軍家がアズマビト家のルーツであることもわかります。つまりミカサはアズマビト家とも繋がりがあるわけですね。

東洋の国の詳細は今後じっくり描かれるかもしれません。注目です(`・ω・´)

下の記事には107話以降のネタバレが含まれているので注意してください!

【進撃の巨人】ミカサ・アッカーマンまとめ!【エレン・アルミンとの今後】

2019.09.08

【進撃の巨人】アズマビト家の過去と現在まとめ

2019.11.30

 

パラディ島近代化計画

「進撃の巨人」107話「来客」より/諌山創

パラディ島が生き残るためには軍事水準を世界と同等のものまで引き上げる必要があるとのこと。しかしそれには50年ほどの歳月を要す、と。

そこで出てくる「秘策」が「地鳴らし」です。「始祖の巨人の保有者」「王家の血を引く巨人」が接触することで成しえます。

これを50年間維持することで近代化までの時間の余裕を作るということですね(; ・`д・´)

しかしここでひとつ、ヒストリアが獣の巨人を継承しなければいけません。さらに50年間つづく「地鳴らし」には王家の血を引く人間が必要なので、ヒストリアが子どもをできるかぎり多く残す必要が出てきます。

この部分こそがエレンが強く反対しているところですよね!ハンジに怒りを現したのも、ひとりで行動したのも、ヒストリアの犠牲を避けたいという想いが理由のひとつになっているはずですから(`・ω・´)

下の記事には107話以降のネタバレが含まれているので注意してください!

【進撃の巨人】ヒストリア・レイスとは?【キャラクター情報まとめ】

2019.12.14

 

ヒストリア妊娠

「進撃の巨人」107話「来客」より/諌山創

最後の最後に特大の情報が入ってきましたよ(`・ω・´)

ヒストリアが妊娠していました!もう計画が進んでたのかッ!?と言いたくなるほど展開が速いな、と。

でもまだ獣の巨人を継承していないはずなのに妊娠しているので、計画とは違いますよね!?ここは注目ポイントですよ!

いつ妊娠したのかこの男性は誰なのかヒストリアがいる場所はどこなのか、気になることはたくさんたくさんあります。

そして今後ヒストリアは巨人化するのか子ども生みつづけることになるのかなどもめちゃ気になります。

ヒストリアが巨人化してしまえば、もちろん13年間で命はつきます。

エレンとアルミンは既に余命が決まっているので、「あぁ、主要キャラが…」という感じですよ(涙)。

下の記事には107話以降のネタバレが含まれているので注意してください!

【進撃の巨人】ヒストリア・レイスとは?【キャラクター情報まとめ】

2019.12.14

【進撃の巨人】ヒストリア巨人化の可能性は!?「不戦の契り」解放には王家の巨人化は必須!?

2019.04.25

【進撃の巨人】ヒストリアは始祖ユミル!?クリスタ・レンズの正体も

2019.03.25

 

スポンサーリンク

107話まとめ

107話で起きたことを振り返っておきます!

 

107話振り返り

地下牢

  • 牢に閉じ込められたエレンのもとにやってきたハンジは2年前のヒィズル国来訪のときを思い出す
  • キヨミミカサがヒィズル国にルーツを持っており、今は亡き将軍家の末裔であることを説明
  • アズマビト家と兵団との会議で、ジークがエルディア復権の意志を持っているとキヨミは説明
  • アズマビト家がジークとパラディ島を仲介する代わりに、島の地下資源を得るとのこと
  • パラディ島が近代化するために必要な50年間は「地鳴らし」の脅威を世界に見せつけ、そのためにヒストリア「獣の巨人」を継承、また王家の血を引く子どもをできる限り多く生む必要がある、とキヨミは計画の詳細を説明
  • 仕方なく引き受けるヒストリアだったが、エレンは計画に強く反対
  • ハンジは他に方法はなかったと認め、その上で一人で行動するつもりかとエレンに問う
  • 声を荒げハンジに激しく当たるエレン
  • エレン自身あるいはジークに対してあなた(ハンジ)は無力だと言うエレンは、ハンジの胸倉を掴み「あなたに何ができるって言うんですか?」と言う

墓地

  • 墓地にはニコロ、ジャン、コニー、ミカサがおり、サシャの話をしていた
  • そこにサシャ父が現れ、ニコロは自分の料理をブラウス家に振舞いたいと提案

義勇兵

  • 反マーレ派義勇兵たちはマーレから奪ってきた巨人化注射薬をピクシスに提供
  • しかし兵団内の不安定な状況を感じ取った兵団は義勇兵たちを取り押さえる

巨大樹の森

  • 信頼の置けないジークはリヴァイとともに巨大樹の森へ連れて行かれる

ガビ&ファルコ

  • ガビは体がおかしくなったフリをして看守を引き付け近づいてきた看守を滅多打ち、ファルコとともに脱走、外に出る

マーレ

  • 目を覚ましたライナーはガビとファルコがどこに行ったのかを気にする

ヒストリア

  • 家の外で椅子に座っているのは以前より明らかにお腹の膨らんだヒストリア
  • 家のドアから出てきた一人の男性は「中に入ろう」と彼女の体をいたわる

 

107話のネタバレ&あらすじ振り返りは以上です!

次回108話ではある過去が明かされ、話はより詳細に…。

【進撃の巨人】原作108話あらすじ&ポイント【ネタバレあり】

2020.01.04

進撃の巨人全記事まとめはこちら

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。