【進撃の巨人】アニメ68話「義勇兵」シーン・カット振り返り!【ファイナルシーズン】

—-ここから本文—-

 

どうもどうもー。ナガトです。

先週日曜にアニメ「進撃の巨人」The Final Season68話「義勇兵」が放送されました!

レベリオ奇襲作戦を終えパラディ島に帰っていった調査兵団。

マーレに大打撃を与え、ジークを生け捕り、ガビとファルコが調査船に侵入、サシャが死亡しました。

一体このあと何が起きるんでしょうか。。。

【進撃の巨人】アニメ67話「凶弾」シーン・カット振り返り!【ファイナルシーズン】

2021.02.07

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

 

スポンサーリンク

アニメ進撃の巨人68話「義勇兵」振り返り!

「あの時なら まだ…何かを変えられたかもしれない」

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

初めて海にたどり着いた時に拾った貝殻。

アルミンはそれを手に持ち、一人考えていました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

3年前、マーレの調査船がパラディ島にやってきたときでした。

調査船はエレン巨人によって持ち上げられ、無理やり上陸させられてしまいます。

困惑する調査船員たちの前に現われたのはハンジ。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

ハンジ:「あぁぁっ どうぞこちらでお茶でも楽しんでいってください!!」

と完全に間違えたたテンションで調査船員をおもてなししようとします。

ハンジの他にはリヴァイ、そしてマーレ人のニコロという男がいます。

ニコロは一足先に捕虜にされていました。

調査船を指揮する男は、悪魔であるハンジたちの話を聞こうとしません。

ハンジに銃を向け撃とうとしたその時、男は背後からの発砲によって死亡。。。

仲間であるはずのマーレ人の男を撃ったのは、顎ひげの兵士を演じたイェレナでした。

彼女以外にもオニャンコポンなどイェレナの味方をする者がいます。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

イェレナ:「ハンジさん お招きいただき光栄です」

これがハンジたちとイェレナの初対面です。

そんなイェレナはエレン巨人を見上げて「会いたかった エレン」と呟くのでした。。。

――

とりあえずイェレナたちの話を聞くことにしたハンジたち。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

オニャンコポンとイェレナから、マーレ兵が装備している武器や軍隊の規模などの情報を聞くハンジとリヴァイ。

ハンジはめちゃくちゃウッキウキですが、リヴァイは全く気を緩めていない様です。。。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

聞いたことのない話に驚くハンジとナメられたくないリヴァイ兵長がかわいいです!

兵長がバレないようにハンジの足を蹴って意思表示するところは個人的に好きポイント。

巨大な軍事力を持つマーレがなぜパラディ島に攻めて来てないのか問うハンジ。

理由は二つある、とイェレナは言います。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

一つは島にいる無垢の巨人たち。

マーレが放った無垢の巨人ですが、それが逆にマーレが上陸する際の障害になってしまったということ。

ただ、現在では調査兵団の働きによって壁外の巨人たちは一匹残らず駆逐されました。

それを知ったイェレナは

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

「いや…すばらしい 期待以上だ」

目を見開き感動します。

そしてもう一つの理由は、マーレが戦争状態に突入したから、とイェレナは言います。

イェレナ:「マーレは敵の多い国ですので 諸外国は瞬く間に団結し 戦争の火蓋が切られたのです」

戦争に勝つためパラディ島に攻撃を仕掛けている場合ではなかった、というわけですね。

「するとあなた方は マーレに恨みを持つ亡国の民であり マーレ軍に潜入する諜報員のようなもの…なのかな?」

と尋ねるハンジ。

イェレナたちはある者に導かれるまではマーレに逆らうことなどできなかった、と言います。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

ジーク・イェーガーに出会うまでは。。。

怖れられる巨人の力を「神」と表現するイェレナ。

彼らはジーク・イェーガーの指示で上官を撃った反マーレ派義勇兵だったのです。

その後、義勇兵たちの処遇を巡って兵団内で意見が分かれました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

彼らと協力するか、それとも縛り首にするか。

エルディア人が世界から「悪魔の民」と呼ばれ、白い目で見られていることは事実です。

イェレナによれば、そのエルディア人問題を一気に解決する「秘策」があるとジークが言っているようです。

その秘策を発動するには「始祖の巨人」と「王家の血を引く巨人」という、二つの条件がそろう必要があるとのこと。

「始祖の巨人」はエレンであり、「王家の血を引く巨人」とはジークのことです。

しかしパラディ島の人間を殺してきた獣の巨人の言うことを、簡単には聞き入れられません。。。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

エレン:「それは…本当です」
「思い出したんです」

エレンが口を開きます。

ジークの「秘策」の話は本当だ、と。

エレンは座標を発動した時、たしかに「王家の血を引く巨人」と接触したと言います。

ダイナ・フリッツ巨人と接触した時ですね。

エレン:「ダイナの息子であるジークは解明したのでしょう」
「『不戦の契り』を出し抜く術を 我々エルディア人に残された唯一の希望を」
「壁に潜む幾千万もの巨人で 世界を踏み潰す 『地鳴らし』の発動条件を」

なぜそんな重要なことを黙っていたのか、と兵長に聞かれるエレンですが「ヒストリアの身を案じからです」

と一言。

ヒストリアを巨人化させないために黙っていたと。。。

結局ハンジたちは義勇兵の無線の力と巨人の力で、島に攻め入る調査戦を無力化していきました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

時間が経つにつれ、義勇兵や捕虜のマーレ兵と打ち解けるようになりました。

――

ある時サシャが「ところでオニャンポコンは何で肌が黒いのですか?」とオニャンコポンに尋ねました。

(サシャは間違ってますが、正しくはオニャンコポンです)

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

オニャンコポン:「俺たちを創った奴は こう考えた」
「いろんな奴がいた方が面白いってな」

「誰が僕らを創ったの?」とアルミンが尋ねると、始祖ユミルに力を与えた存在、神だと答えるオニャンコポン。

オニャンコポン:「そう考える奴もいる」
「考えるだけなら自由だろ?」

島の外のことを知ったことで、世界は自分たちが思っているよりももっと広く複雑であることを知りました。

今まで食べたことのないものも食べました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

おいしいものもたくさん食べました!

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

捕虜のニコロもサシャの反応につい嬉しくなってしまう。。。

――

射撃練習をするエレン、ミカサ、アルミン。

イェレナの言うとおりこのまま進んでいいのか疑問を抱くアルミン。

地鳴らしを実行すれば本当に世界に恐怖を与えてしまうことになる、と危惧しています。

アルミン:「そうなる前に話し合えないのかな?」
「マーレや世界中の人と話し合って 誤解を解けば…」

対して「誤解?」とエレン。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

エレン:「世界から見ればオレたちは 巨人に化ける怪物だ」「そこに誤解はないだろ?」

エレンの言っていることは正論です。

間違いではないですが、、、シビアですね。。。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

ということで68話も残り半分。

――

サシャの墓石のそばで座っているミカサ。

近くで怒鳴り声が聞こえます。

マーレ人捕虜のニコロが軍関係者に怒られていました。

ジャンとコニーが止めます。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

ニコロ:「本当にサシャは死んだのか…?」
「なぁ?何で…お前ら何やってたんだよ…」

悲しむニコロのところにサシャの家族がやってきます。

自分の作った料理を娘さんは喜んで食べてくれた、あなたたちにも自分の料理を食べに来てほしい、そう伝えるニコロ。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

「もちろんタダなんやろ?」とニコロに手を差し出すサシャのお父さんでした。。。

――

馬車でどこかへ向かうリヴァイ兵長とジーク。

馬車の窓からは住民が見えます。

レベリオ奇襲作戦の結果を「戦勝」と報じたことで住民は盛り上がっていました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

ジーク:「恐ろしいね 何も知らないってのは」

何も知らずに戦いに勝ったと喜んでいる人間を冷たい目で見るジークです。

「秘策」とやらがウソでなければ斬り刻むのを待ってもいい、と常にキレ気味の兵長に「だが俺をエレンと会わせるのが先だろ?」とジーク。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

リヴァイ:「そう急ぐな」
「お前に最上級のホテルを用意したんだ」

着いた先は巨大樹の森でした。

リヴァイ曰く、巨大樹の森はジークにぴったりのホテルなんだそう。

「立体機動でたくさん遊べそうだしな」とジークは巨大樹の森に連れて来られた理由に気付いているようです。

イェレナら義勇兵はこのタイミングで拘束されてしまいました。

ジークがパラディ島に来たことで緊張感が増しています。。。

一方ガビとファルコは、牢に閉じ込められていました。

ガビのエレンに対する殺意は消えません。。。

――

アルミンは貝殻を手に持ち、一人で考えています。

「今日は 今回の作戦で死んだ8人の葬儀があった」
「サシャを含めてね」

とアルミンは今作戦で軍人、民間人、子供など無差別に多くの人間の命を奪いました。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

アルミン:「和睦の道は絶たれた…けど やるしかなかった」
「あの日の 君たちのように…」
「ねぇ…アニ」

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

「何か…答えてよ」

アルミンはずっと水晶化したアニの前で考えていたんですねぇ。。。

「勝てなきゃ死ぬ…」「勝てば…生きる」とサシャの墓石の前に座り、呟くミカサ。

アニメ「進撃の巨人」68話「義勇兵」より/諌山創

エレン:「戦わなければ勝てない」
「戦え」
「戦え」

エレンはどこかの部屋で、鏡に映る自分を見ながらそう言いました。。。

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけでアニメ「進撃の巨人」The Final Season68話「義勇兵」の振り返りをしてきました(´▽`)

MAPPAの制作陣の皆さん、いつもいつも高品質なアニメをありがとうございます、と言いたいです!

イヤホンつけて音大きめで視聴したら、迫力増しで最高でした(`・ω・´)

次回は「正論」です。

アズマビト家登場しますね。。。

あと、以前は刺繍に変更されていたミカサの手首の刺青がどう描かれるのか気になります!

それではまた(‘ω’)ノ

【進撃の巨人】アニメ69話「正論」シーン・カット振り返り!【ファイナルシーズン】

2021.02.22

【進撃の巨人】アニメ67話「凶弾」シーン・カット振り返り!【ファイナルシーズン】

2021.02.07

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。