【進撃の巨人】96話台詞振り返り!②【開拓地の男の話(アニメ62話予定)】

—-ここから本文—-

 

どーも。ナガトです。

本日ツイッタサーフィンをしていましたら、すごいものを見つけてしまいました。

こちら↓

海外のアーティストの方が作ったみたいなんですけど、「公式ですか?」と聞きたくなるくらいの違和感の無さ。

おそらく動きはそのままで 、顔を入れ替えたり、背景を描いたりしたんでしょうけど、完成度高すぎませんか?

元々は現在放送中の呪術廻戦のエンディングテーマ「LOST IN PARADISE feat. AKLO」で使われているアニメーションなんですが、パラディ島(Pradis)なので(笑)。

今朝(8月24日)の9時前ごろにツイッターにアップされたもので、この記事を書いている時点で6.6Kファボ、3Kリツイートを超えています。

世の中にはすごい人がいますね(*’▽’)

さてさて、今回の記事では前回につづき、進撃の巨人96話の内容で印象的だった描写や台詞を振り返ります。アニメでは62話で描かれると思います。

前の記事では、巨人に襲われたマルセルを置いて逃げたライナー、アニ、ベルトルトの3人の混乱までを見てきました。

ライナーは何が何でも作戦を続行させようとし、、、。

【進撃の巨人】95話振り返り!②【謝るマルセルと謝られるライナーの気持ち(アニメ62話予定)】

2020.11.22

【進撃の巨人】96話台詞振り返り!【自分を殺してまで作戦続行するライナー(アニメ62話予定)】

2020.11.24

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

 

スポンサーリンク

ウォール・マリア破壊の舞台裏

顔面血まみれの状態でアニの首を絞めるライナーは作戦続行を訴えます。

悲惨な状況を見るベルトルトは涙しながら「…もう やめてくれ…」と言います。

ライナー:「これが…」

アニ:「~~」

ライナー:「俺達が…故郷に帰る」

アニ:「~~」

ライナー:「唯一の手段だ…」

ベルトルト:「ライナー…もう…」
「…わかったから」

ライナー:「帰ろう…」
「…みんなで…故郷に…」

結局作戦は続行されることになりました。

ライナー、ベルトルトはアニの女型の巨人の肩に乗り、女型の巨人が走ってウォール・マリアを目指します。

壁に近づいてきたところで女型が叫び、無垢の巨人を呼び寄せます。

壁内に巨人たちを招き入れるためです。

アニが疲弊してきたところでライナーの鎧の巨人と交代、壁に辿り着くとベルトルトが超大型巨人となります。

「進撃の巨人」96話「希望の扉」より/諌山創

壁から覗き見える超大型巨人。。。

あの日のエレンたち。。。

壁を破壊します。

ベルトルトは巨人から人間の姿に戻りますが、そこには既に巨人が来ていました。

ピンチのベルトルトでしたが、その巨人はなぜか近くにいた彼を無視。

助かります。

「進撃の巨人」96話「希望の扉」より/諌山創

ここでは深掘りはしませんが、ちなみにこの巨人はグリシャの前妻ダイナ・フリッツでした。

その後ライナーの鎧で二人を安全な壁の上に連れて行き、ライナーはシガンシナ区内門を破壊しました。

これにより人類がシガンシナ区だけでなく、ウォール・マリア全体を失うことが確定しました。それは地獄を意味していました。

その後しばらくして3人は開拓地に回されます。

 

開拓地で出会った男

ウォール・マリアを突破され住処を失った人々は開拓地へと回されました。

ライナー、アニ、ベルトルトも開拓地へ回されます。

そこで3人が出会った一人の男。。。

「進撃の巨人」96話「希望の扉」より/諌山創

男:「俺の村は…ウォール・マリア南東の山奥にあった…」
「川沿いの栄えた町とは違って 壁が壊されてもすぐには連絡が来なかった」
「なにせ 連絡より先に…巨人が来たからな」
「明け方だった やけに家畜が騒がしくて…耳慣れない地響きが次第に大きくなって」
「それが足音だと気付いて急いで窓を開けたら」
「その後は……」
「…覚えてないが 馬に乗って逃げたんだ」

男は巨人を見た記憶を語りました。

ここで思い出したいのが単行本4巻16話「必要」の内容です。

この男が言ったことは過去に登場しているんです(`・ω・´)

まだライナーたちが訓練兵だった頃。

エレンと知り合って間もない頃に、ベルトルトがこの男が言ったことと同じことを話していたんです!

「進撃の巨人」16話「必要」より/諌山創

ベルトルト:「僕とライナーは ウォール・マリア南東の山奥の村出身なんだ…」

エレン&アルミン:「…!!」

アルミン:「えっ!?そこは…」

ベルトルト:「あぁ…川沿いの栄えた町とは違って 壁が壊されてすぐには連絡が来なかった」
「なにせ連絡より先に巨人が来たからね」
「明け方だった…やけに家畜が騒がしくて 耳慣れない地響きが次第に大きくなり…」
「それが足音だと気付いて急いで窓を開けたら――」
「その後は…えっとあまりよく覚えてない…」
「皆ひどく混乱したんだ」
「僕らは馬に乗ってウォール・シーナまで逃げた」

すごくないですか?

こんな形で回収されるとは思いませんでしたよ(`・ω・´)

開拓地生活が終わったあとは、いよいよ訓練兵団への入団になります。

懐かしいですね(*’▽’)

 

訓練兵団へ

いよいよ3人は訓練兵となりエレンたちと出会うことになります。

「進撃の巨人」96話「希望の扉」より/諌山創

キース:「問おう!!貴様らは何しにここに来た!?」

ライナー:「人類を救うためです」

4巻でエレンの立場から見ていたこの光景が、マーレ編ではライナーの目線から描かれることになったのです。。。

ここで96話は終了となります。

 

スポンサーリンク

まとめ

アニメファイナルシーズンでは、ベルトルトからのウォール・マリア破壊、ベルトルトの出身地発言の回収などのシーンの演出が楽しみです!!

オリジナルの演出があるのかなどにも注目です(`・ω・´)

【進撃の巨人】95話振り返り!②【謝るマルセルと謝られるライナーの気持ち(アニメ62話予定)】

2020.11.22

【進撃の巨人】96話台詞振り返り!【自分を殺してまで作戦続行するライナー(アニメ62話予定)】

2020.11.24

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。