【進撃の巨人】130話のタイトル考えるよ!人間よ 面と向かって話せたね

—-ここから本文—-

どうもどうも。ナガトです。

進撃の巨人130話のタイトルが「人類の夜明け」。

これには一体どんな意味が込められているんですかね?

サブタイトル考察は前は全ての話でやろうと思ってたんですけど、しんどくなってもうやってません(笑)。

とは言ってもこうやってたまにやりたくなるので、今回は130話のサブタイトル考察しまっす!

【進撃の巨人】130話「人類の夜明け」ネタバレ&感想を語る!

2020.07.10

【進撃の巨人】130話でマーレ編以降のエレンの行動が明らかに!

2020.07.11

【進撃の巨人】130話で描かれたエレンの発言まとめ!

2020.07.11

【進撃の巨人】エレンが「すべては決まっていた」と感じる理由は?

2020.07.12

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

 

スポンサーリンク

最近のサブタイトル振り返り!

130話の前にちょっくら最近の話のサブタイトル振り返ってみますか。

最近の話の傾向

126話「矜持」

「進撃の巨人」126話「矜持」/諌山創

・ハンジとマガトがエレンを止めることを共通の目的とし協力
・母親を取り戻すためファルコを犠牲にしようとするコニーだが、アルミンが止める、世界を救うと決める

【進撃の巨人】126話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

2020.02.08

127話「終末の夜」

「進撃の巨人」127話「終末の夜」/諌山創

・マガト、アニ、ライナー、ピーク、ガビ、ファルコのマーレ側と、ハンジ、ジャン、ミカサ、コニー、アルミン、オニャンコポンなどパラディ島側の人間が夜食を共にした
・ジャンとマガトの意見の違いなど、問題はあれどエレンを止める方向に向かって行く

【進撃の巨人】127話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

2020.03.09

128話「裏切り者」

「進撃の巨人」128話「裏切り者」/諌山創

・ライナー、アニ、二人の巨人の力を借りアズマビトを救い出そうと動き出すハンジたち
・かつての戦友だったダズ、サムエルから敵意を向けられるアルミン、コニー
・ダズ、サムエルを殺すことでなんとか飛行艇を守ることができた

【進撃の巨人】128話・129話ネタバレ振り返り&感想!

2020.04.10

129話「懐古」

「進撃の巨人」129話「懐古」/諌山創

・フロック率いるイェーガー派との戦いは苛烈を極める
・予想外のファルコの巨人化、キースの援護などによりイェーガー派の勢いを押さえることに成功
・マガト以外は船に乗り込み出港、ハンジたちを追手から守るためマガトはキースと協力しイェーガー派の巡洋艦を爆破、二人は犠牲になる

【進撃の巨人】129話・130話「懐古」ネタバレ&感想!

2020.06.11

ほいほい。

というわけでこん感じでしたサブタイトル↑

ちょいムズイすかね。

いや、そんなこともないかな?

 

126話サブタイトル「矜持」

126話の「矜持」は以前書いたどっかの記事のなかで語った記憶があります。

矜持っていうのはプライドのことだよね。

だからコニーの母ちゃん助けたい気持ちとか、リヴァイ兵長のジーク殺す誓いとか、アルミンのエルヴィンの代わりにならねば

てきな気持ちを表したのが「矜持」なんじゃないの?

という話を前にした気がします。

たしか書きました。

へい。

 

127話サブタイトル「終末の夜」

それで127話は「終末の夜」か。

これは簡単じゃないか?

終末っていうのはたぶん、良い意味でも悪い意味でも今までの世界が終わりを告げる、その直前を表してるんじゃないか、と。

世界の終わりのイブってことですな。

Ending Eve

とちょっとかっこよく書いておく。

はっ。

 

128話サブタイトル「裏切り者」

128話はなんだ。「裏切り者」か。

これも簡単じゃないですか?

ダズとサムエルからしたら、コニーとアルミンたちが「裏切り者」に見えたって話ですよね。

「進撃の巨人」ではこれ!って感じがするんですけど、逆視点てやつなのかな。

読者が片方だけに感情移入しないようになってるというか。

例えば、パラディ島側だけじゃなくて、マーレ側の視点もちゃんと描く。

ダズ、サムエルは今や敵に見えるけど、かつては仲間だし、パラディ島を救うために動いてたんだよ。

ということ。

この、、、裏切りもんがぁぁあああああ!!!(ガブッ)

 

129話サブタイトル「懐古」

129話は「懐古」

最後はキース教官とマガト元帥がメインでした。

懐古、昔を懐かしむってこと。

死ぬ間際、キースとマガトが過去を振り返り、教え子たちが、、、って言ってました。

キースは教え子たちの成長に胸を振るわしたけど、マガトはちょっと心残りがあったような。。。

 

スポンサーリンク

130話サブタイトル考えよ「人類の夜明け」

さぁさぁここから本題す。

もう疲れてしまったのであんまり長くは書きません(汗)。

130話のサブタイトルは127話のサブとちょっと関係してそうだなと思ったんですけど、どうですか?

えっと、127話が「終末の夜」で130話が「人類の夜明け」

ってことで

夜から夜明け

終末の夜からとうとう朝が来てしまった、と。

 

これが現実だよね

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

ここからは僕の妄想も入りますが(いっつも入ってるよ)、

人類は今までずっと夜を生きてきたわけで、終末の夜を終え、ようやくが初めての朝を迎えたわけですね。

そういえば、130話のサブタイトル見て面白いなと思ったことが。

「人類の夜明け」って言ったらなんか明るい感じするじゃないですか。ね。

「夜明け」って暗いところから明るいところに行くわけだから、プラスの意味で使われると思いきや。

待ってたのは化け物っていう(笑)。

こういうの個人的に好きです。

「進撃の巨人」130話「人類の夜明け」/諌山創

エレンは「これがお前たち人類が住んでる世界の本当の姿だぞ」って現実を示してきた感じ。

わかります?

やっと人類は現実を見た、地獄と対面したよねっていう。

今までパラディ島の問題、エルディア人の問題を先送りにしてきたことが、「夜」の状態だとするなら、

エレンは無理矢理その問題をまるごと持ってきて「どうだ?」って言って「朝」にした感じ。

エレンはマジでパラディ島を守りたいし、復讐を終わらせたいから本気で来る。

【進撃の巨人】130話で新しい謎が出てきたね!【鳥瞰は俯瞰で俯瞰は神視点】

2020.07.15

 

スポンサーリンク

まとめ

という感じでいいですかね?

130話のサブタイトル考察は終わります。

雑ですが、書きたいことは書けた。

気がする。

ではでは(^o^)丿

【進撃の巨人】130話「人類の夜明け」ネタバレ&感想を語る!

2020.07.10

【進撃の巨人】130話でマーレ編以降のエレンの行動が明らかに!

2020.07.11

【進撃の巨人】130話で描かれたエレンの発言まとめ!

2020.07.11

【進撃の巨人】エレンが「すべては決まっていた」と感じる理由は?

2020.07.12

NEW!→進撃の巨人を全巻読むならこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。