【進撃の巨人】noteでお題企画「#進撃の巨人10周年」が開催!

—-ここから本文—-

 

ナガト

みなさん、こんばんは!ナガトです。

コミック「進撃の巨人」連載10周年ということで盛り上がっていますが、noteの方で企画が行われていました。

何やら「#進撃の巨人10周年」のタグを使うと参加できるみたいです(`・ω・´)

今回はその企画の紹介というかたちで記事を書きました。

 

スポンサーリンク

noteにて「進撃の巨人」10周年企画!

 

別マガ編集バックさんからです↓

 

 

「進撃の巨人」10周年企画はnote さんでも開催中です。
皆さんが書かれた記事、読ませていただきますね。https://t.co/4h0vwxGxSk

— 「進撃の巨人」担当者バック (@ShingekiKyojin) September 16, 2019

 

9/9から開催されていたみたいで、、、気付きませんでした。

 

企画の内容はnoteの方を見ていただければわかりますが、こんな感じになっています↓

 

今年10周年を迎える『進撃の巨人』についての投稿を募集する、お題企画「 #進撃の巨人10周年 」を開催します!本企画は、講談社、マンガサービス「アル」の共同企画です。

『進撃の巨人』といえば、いわずとしれた大ヒットマンガです。そんな進撃の巨人は、2019年で10周年を迎えます。10年前に『進撃の巨人』がブレイクしたきっかけもブログでした。

そこで、今回ハッシュタグ「#進撃の巨人10周年」をつけて、『進撃の巨人』に関するnoteを募集いたします。

たとえば、

・進撃の巨人をはじめて読んだ時の思い出
・こんなキャラが好きだ / こんなシーンが好きだ
・進撃の巨人の考察記事(ラストはこうなる、世界の謎について)
・作者の諫山先生への愛

などなど、作品に関するものであれば、なんでもOKです。

noteより

 

進撃への想いを書いて、「#進撃の巨人10周年」を貼ればオーケーです!

 

プレゼントをもらいましょう

 

賞金ではないですが、この企画にはちょっとしたプレゼントがあるようです(*’▽’)

 

プレゼント2点

・諫山先生のサイン入りのコミック(1巻)1名さま

・『進撃の巨人』オリジナルQUOカード 5名さま

 

審査する人に気に入ってもらえた投稿の投稿者の方には、上記の景品がもらえるみたい!

 

ナガト
サイン入りはほんとうに欲しいな。。。

漫画のコマを張り付けての投稿ができるみたいなので、書きやすそうですね。

 

スポンサーリンク

みなさんの投稿…

 

今回の企画に既に参加されている方の作品をちょっと覗いてみましょう!

 

諫山創(いさやまはじめ)先生の『進撃の巨人』、1巻1レビューチャレンジ、18巻目です!
17巻では、なんだか色んな事がうまくいってるよ!?ということを記事にしました。
(ちなみに17巻の記事はこちら)

18巻では、いよいよウォール・マリア奪還の開幕が描かれております!
ではでは、以下18巻のレビューです…

 

これが忙しさ

書く時間ももったいなく感じる

それは進撃の巨人を読んでるから

読むの3回目くらいだけど

面白い漫画って初見の頃に戻って
内容のことぜーーんぶ忘れて
もう1回 卍新鮮卍 な気持ちで
ワクワクしたりドキドキしたり
とにかくそんな感じで読み直したいよお><
ってなりがちだけど
進撃にはそれが一切ない

これは褒…

 

私が進撃の巨人と出会ったのは、漫画だと4巻とかそんな頃でしょうか、2012年頃のことでした。たしかアニメ放送が始まったころでした。
たまたま、車で聞いたラジオで、進撃の巨人すげーよって話と、OP曲(グレンのなんちゃら)を聞いて、興味を持ったのがきっかけですね。なので、私の中では出会って7年ちょっと、です。

当時…

 

入院6日目。

昨日、お見舞いにきてくれた友人に「今、yahooでタダで進撃の巨人が読めるから!!!読んで!!!」と言われたので読みはじめた(注・9月18日まで)。

【ほんの少しだけネタばれあり】

名前と大ヒットしてることだけは知ってたんだけど、「怖い・グロい」という感想を聞いてたので敬遠してたんだよね。読みはじめ…

 

*進撃の巨人29巻までの感想を、なんちゃって散文詩でお届けします♡

どこから来たのか誰が知ろう

異星からと言い
未来からと言い
次元を超えてと言う

人類に課せられた課題

異能力を持つ民族の存在を
更にはその民族全体を操る
始祖の力を持つ巨人の存在を
この世界はどう受け止めるのであろう

何百年も謝り続ける程の罪は
誰にあるのか
生ま…

 

進撃の巨人 / alu.jp 進撃の巨人 / alu.jp 進撃の巨人における二つの夕日のシーンがいつまでも心に残っています。クルーガーがグリシャを諭し「進撃」を託す場面、エレンと新リヴァイ班でもある104期の仲間がお互いの気持ちを告白して頬…

 

読んでいてあまりに辛いのは、大勢の人が亡くなるからではなく、それでも次頁に進む手を止められないのは、バトル漫画であるからではない。全ては、決断に次ぐ決断の嵐であることに起因する。常に誰かが何か重大な決断を迫られていて、しかも殆どが即答を求められ、各々の決断のあれよあれよと積み重なり、後悔する暇もなく話が進行…

 

進撃の巨人10周年おめでとうございます!2010年3月17日第1刷発行帯には「これが21世紀の王道少年漫画だ‼︎」と書かれていた。少年ではない私は手に取り、ページをめくると描かれていた衝撃的な文字。その日 人類は思い出したヤツらに支配されていた恐怖を・・・鳥籠の中に囚われていた屈辱を・・・・・・この1ページ…

 

未知なものへの探求心が強く本来はリーダーというよりも研究者気質なんじゃないかなって思ってる団長に任命されてから巨人たちと触れ合う機会が減ってしまって少し息苦しそうに見えるのはわたしだけかなハンジさんが無邪気に笑う顔がまた見たい巨人の秘密や新型兵器開発、新しい軍事技術に触れ目を生き生きさせるハンジさんが本当に…

 

という感じです。

ナガト
同じ進撃読者の声を聞けるとうれしいですよね(*’▽’)

ぜひ、投稿してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。