キングダム【630話】ネタバレ!羌瘣が蚩尤族の”禁術”を使う!自らの命を捨てて信を蘇生へ!

—-ここから本文—-

 

キングダム第630話のネタバレ記事です!

龐煖(ほうけん)との戦いを終えてから言葉を発することなく、死んでしまった信。

飛信隊のメンバーたちに混乱と悲しみが広がるなか、復活した羌瘣(きょうかい)が信に近づきます。

既に信が死んでいることを認識していた羌瘣ですが「私が助ける」と呟きます。

この羌瘣の言葉に驚く飛信隊の面々から第630話は、はじまりました。

キングダム【629話】ネタバレ!李牧を追わない飛信隊!信が死んだ!

2020.01.31

NEW!→キングダムを全巻読むならこちら

 

スポンサーリンク

蒙恬と王賁が、飛信隊の元へ到着「まさか」

王賁(おうほん)率いる玉鳳隊(ぎょくほうたい)の番陽(ばんよう)副長が、飛信隊の中心へと近づいてきます。

番陽「なぜ貴様らは李牧を追わんのだ」

ここには、蒙恬(もうてん)と王賁の姿もあります。

蒙恬は、強い言葉を投げかける番陽に「待て、様子が」と、ひと言。

飛信隊に起こっている異変について感じ取っているようです。

地に手をついて泣き崩れる者、「た・・・隊長・・・」と涙を流す者。

蒙恬と王賁「まさか」

番陽「あそこに人だかりがっ」

蒙恬と王賁「・・・・」

 

スポンサーリンク

羌瘣が、蚩尤族の禁術「命の力を分け与える術」を発動へ

涙を流して信の死を悲しむ飛信隊のメンバーたち。

尾平「羌瘣・・・助けるって・・・もうとっくに死んじまってるんだぞ、信は・・・」

羌瘣「だまれ、気が散る」

河了貂「な、何をしようとしているの、羌瘣」

羌瘣「千年続く蚩尤(しゆう)族には、うろ覚えだが、いくつかの”禁術”がある」

羌瘣によると、その禁術のひとつは「命の力を分け与える」術なのだそうだ。

河了貂「それで信が生き返るの!?」

羌瘣「分からん、やったこともないし、呪語も覚えていない」

河了貂「えっ」

飛信隊の面々は、驚いた表情で羌瘣の様子を見つめます。

羌瘣「とにかく思い出しながらでも、やるしかない、これしか手は・・・」

羌瘣は深く息を吸い込むと、子どもの頃に習った禁術を思い出そうと集中を始めます。

幼少時代を共に過ごした羌象(きょうしょう)との思い出が蘇ります。

羌瘣「第一の門、くぐり、第二の門、内から開くのを待て」
羌象「あんた何、やばい禁術、やろーとしてんの」
羌瘣「やばいの、これ?」
羌象「絶対やるなって言われたじゃん、しかも、うそっぱちで、おかしなことになるから」
羌瘣「うそっぱち」
羌象「そう」

このとき羌瘣は、死んだ鳩を蘇らせようと禁術を試みていました。

羌象「死んだやつを生き返らせる術なんて、この世に存在しないってさ」

頭の中で羌象との会話を思い出した羌瘣は「死んだものは生き返らない」という言葉に辿り着きます。

動揺する羌瘣の表情に気付いた飛信隊のメンバーたちが「どうした」と声をかけます。

そして、羌瘣は涙を流しながら「そんな術はない」という言葉を、頭のなかで繰り返します。

ひとりで悩み、悲しみにくれる羌瘣に、尾平が声をかけます。

尾平「羌瘣、もう・・・」

羌瘣「うるさい!」

羌瘣は再び、羌象との会話の続きを思い出そうとします。

羌象「さあ、いくよ」
羌瘣「んー、でも、うそっぱちなら何でずっと伝えてきてんの?」
羌象「・・・、さーね。とにかく、それは忘れな、使った奴に”最悪のこと”が起こるんだ」

ここで羌瘣は「象姉は嘘をついた」と確信します。

羌瘣に”最悪のこと”が起こらないように、羌象が嘘をついていたのだと。

しかし、羌瘣は目の前に横たわっている信の遺体を見て、決意を固めます。

羌瘣「これ以上に最悪なことはない」

 

スポンサーリンク

羌瘣が「最悪なこと」をかけて信の蘇生に挑む

羌瘣は、呪語を唱えはじめます。

・・・第一の門
くぐり・・・
開かずの第二の門
心の手で解かし・・・
白き橋へ
それ即ち
盤古の橋

蚩尤、枉矢
旬始、天鋒
来天の王
光の雨に
地が興る
天は地へ
地は天へ

陰陽の奥儀
羽仙と地仙は
うねり歌う
人の身は土くれ
人の血も土くれ
人の命は蓮華の光
人の命は、唯・唯・光

呪語を唱える羌瘣の目は見開いて、血走った状態です。

さらに顔には亀裂のようなものが見えます。

まだ信には何の変化もなく、ただ目を閉じて横たわった状態です。

羌瘣「よし、繋がった、たぶん」

飛信隊のメンバーたちは何が行われているのかも分からず、唖然とした表情です。

羌瘣「行ってくる、変化があったら、皆で信を呼んで」

この言葉に対して、飛信隊のメンバーたちは、ザワつきます。

「えっ」
「なんて言った、今」
「えっ、どういう・・・」

しかし、このような声に反応することなく、羌瘣は首をガクリと落とし、意識を失ってしまいました。

キングダム【629話】ネタバレ!李牧を追わない飛信隊!信が死んだ!

2020.01.31

NEW!→キングダムを全巻読むならこちら

 

第二の門を開いた羌瘣が決断「全部やる」

羌瘣はひとり、真っ白な空間に立っています。

羌瘣「な、何ここ、何も無い、信も・・・」

遠くに、誰か立っている人影が見えます。

羌瘣「信・・・じゃない」

人影へと近づいた羌瘣は、その姿が幽連であると認識します。

羌瘣「い、いや、姿は幽連だけど、気配が全く・・・違う・・・」

その幽連の姿をした男が、羌瘣に向かって話しかけます。

幽連「ここが天地の間の門戸だ、ここより先に行くには、お前の命、寿命をいくつかもらう」

羌瘣「寿命?」

幽連「そしてそれはお前が決めろ」

羌瘣「えっ」

驚いた表情の羌瘣のところに、羌象が登場します。

羌象「そういう術なんだ」
羌瘣「あっ、象姉」
羌象「お前の寿命を減らすことでしか、あの男は救えない」

さらに幽連らしき男によると、

死んだ直後であれば、2分の1の確率で蘇生できるが、

間の世界の奥底まで進んでしまっている人間を救える可能性は10分の1

さらに術者(ここでは羌瘣)の寿命を半分使うとのこと。

羌象「だからやめときな、お前だけ帰れ」

幽連「よーく考えな、羌瘣、答えるのは一度だけだ」

羌瘣「そんなの即決だ」

そして、羌瘣は続けます。

「全部やる」
「どうしても死なせたくない、信を」
「私の命、全部やるから」
「あいつを助けに行かせてくれ」

羌瘣の表情には迷いはなく、晴れ晴れとした表情で、自身の命を全て差し出すことを表明しました。

幽連「バカが、行ってそのまま死んでこい」

この言葉をきっかけとして、羌瘣の身体が消えていきます。

そして、羌象と幽連の前から、羌瘣は消えてしまいました。

真っ暗闇で意識を取り戻す羌瘣。

その羌瘣の前には、明らかに信だと思われる男が立っています。

次号予告コメント:信からの応答は・・・!?

キングダム【629話】ネタバレ!李牧を追わない飛信隊!信が死んだ!

2020.01.31

NEW!→キングダムを全巻読むならこちら

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。