キングダム【628話】ネタバレ!李牧は全軍撤退を指示!信の命の火は消えていた?

 

キングダム第628話のネタバレ記事です!

信vs龐煖(ほうけん)の戦いのラストは、信が仲間たちの力を借りて龐煖を一刀両断しました。

求道者として圧倒的な強さで平和な世の中が訪れることを目指した龐煖の道は、ここで途絶えました。

ここからは李牧の逃亡劇が始まるのかと思いきや、まだ戦場では信vs龐煖の熱が冷めないまま。

第628話は、思わぬ展開へと進みます。

キングダム【627話】ネタバレ!龐煖の矛を砕いた信!龐煖の身体を両断!!

2019.12.27

 

スポンサーリンク

生まれたばかりの龐煖、求道者によって親元から連れ去られる

山々に囲まれた小さな村。

 

ふたりの男女に、村人たちが列を作っています。

 

女が手をかざすと、足を悪くしていた村の男の子は立ち上がります。

 

男が手をかざすと、肩を痛めていた老人は腕が回るようになります。

 

村人は男を「龐(ほう)先生」と呼んでいます。

 

このふたりの夫婦が村に現れたのは半年前、流行り病に襲われていた頃でした。

 

夫婦のうわさを聞きつけて、周辺の集落からも人々が集まってきています。

 

村人たちは龐夫婦によって救われたと感謝しています。

 

そして、龐夫婦には生まれたばかりの子供がいます。

 

そんな夫婦のもとに、大きな矛を持ったひとりの求道者が現れました。

 

求道者は矛を振り上げたかと思うと、夫婦や村人を襲いました。

 

矛で斬られ立ち上がることもできない龐先生の妻が、求道者の背中を見ながら呟きます。

「け・・・ん・・・煖(けん)」

求道者は、龐夫婦の子供・煖を連れ去って、森へと消えていきました。

スポンサーリンク

信が龐煖を倒したという一報が、戦場を駆け巡る!

信によって討ち取られた龐煖は、地面に顔を埋め、目からも力を失います。

仁王立ちのままでじっとしている信と、地面に倒れた龐煖。

 

この戦いを見守っていた秦軍の兵士たちは唖然とした表情で、言葉がありません。

 

そして次の瞬間、目の前で起こったことを理解した兵士たちが声を上げます。

 

「ウオオオオ」
「信が」
「信がっ・・・」
「龐煖を倒したァァ」

 

河了貂も、尾平も、楚水も、誰もが涙を流しています。

「俺達の信が討ち取ったァァ、ウオオオオ」

この喚声は一気に戦場に広がり、趙軍本陣に迫っていた王翦将軍の元にも伝わりました。

「なっなにやら、右翼の飛信隊の信が、趙三大天のひとり龐煖を討ち取ったと」

これには、蒙恬と王賁も驚きの表情を浮かべます。

キングダム【627話】ネタバレ!龐煖の矛を砕いた信!龐煖の身体を両断!!

2019.12.27

 

スポンサーリンク

李牧「龐煖のやり方では無理だった」、そして全軍撤退へ

丘の上から信vs龐煖を見守っていた李牧は、未だに龐煖の亡骸を凝視しています。

「あなたの最後、しかと見届けましたよ、龐煖・・・・・」

それから李牧は、仁王立ちの信の方にも目を向けます。

 

趙軍の兵士たちからは「脱出しましょう、今すぐ」と声が掛けられます。

 

李牧と共に戦いを見ていたカイネが呟きます。

 

「龐煖様の人を超えんとする戦いが人を救うためだったとするなら、その龐煖様が敗れたということは李牧様がおっしゃったように人は人でしかないという答え・・・」
「つまり、人は救われぬということでしょうか?」

 

このカイネの問いに対して李牧は「そうです」と返します。

 

さらに李牧は続けて言います。

「今のところ、龐煖のやり方では無理だったということです・・・」

カイネは「やり方では」という李牧の言い回しが気にかかっているようです。

李牧は続けて「他の方法で人の世を救うと豪語する人間が西にいます」

 

「西」という言葉を聞いて、カイネは気付きました。

「秦王 嬴政(えいせい)」

中華を統一して戦いのない平和な世の中を作るのが嬴政の最終目標です。

 

しかし、趙の李牧は、これを受け入れるわけにはいきません。

「今度は我々が断固として”否”をつきつけます」
「そのためにも趙は敗れるわけにはいきません」

こういうと李牧は、黄巴(こうは)に対して「全軍撤退」の伝令を出しました。

 

李牧たちの向かう先は、主戦場である鄴(ぎょう)です。

 

趙軍の城塞である鄴では今、秦軍の桓騎が攻め続けています。

 

逃げる李牧を追いかける秦軍、しかし信が・・・・!

全軍の撤退を決めた李牧本陣を、秦軍の兵士たちは追いかける動きを見せます。

 

「もはや難敵はいない、今すぐここを抜き李牧を討て!」と勢いづく兵士たち。

 

そして、龐煖を倒す快挙を成し遂げた飛信隊は、李牧本陣にも最も近い位置にいます。

 

戦いを終えたばかりの信に、飛信隊の兵士たちが近づき、声をかけます。

「隊長、俺の馬を使ってください」
「もうお前は戦わなくてついて来るだけでいいし、ここで休んでいてもいいぞ」

しかし、これらの言葉に対して信は一切の反応を見せません。

 

信の様子を不審に思った兵士が、顔を覗き込みます。

「隊長、大丈夫ですか?」

そして、信の顔を見た兵士は「あっ」と大きな声を出し、倒れこんでしまいます。

 

これによって、飛信隊の兵士たちは信の異変を知ります。

 

河了貂も「へ?」と驚きの表情です。

 

しかし、尾平に抱えられていた羌瘣(きょうかい)は、あることに気付いていました。

「つ、尽きていたんだ・・・」
「尽きて」
「ずっと前から」
「もうとっくに・・・」
「信の・・・」
「命の火は・・・・」
「消えていた・・・」

この羌瘣の言葉と同時に、信の手からは矛が落ち、そして信の身体は地面に倒れました。

※キングダムの次号は休載です。

キングダム【627話】ネタバレ!龐煖の矛を砕いた信!龐煖の身体を両断!!

2019.12.27

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。