キングダム【619話】ネタバレ!李牧本陣に迫る飛信隊!去亥が逝く!龐煖vs羌瘣か!?

 

キングダム619話のネタバレ記事です!

弓矢の名手・仁のピンチに覚醒した弟の淡(たん)が、趙の将軍・金毛を猛烈な矢で仕留め、河了貂(かりょうてん)を救うことに成功しました。

覚醒した淡の弓の威力は、とてつもなかったですね。

飛信隊を止めるために河了貂を撃つという金毛の目的は達成されず、信たちは再び李牧本陣へと急進します。

李牧の姿が目に見える位置まで進む飛信隊ですが、そこに立ちはだかるのは龐煖(ほうけん)です!

去亥(きょがい)の死、そして羌瘣(ぎょうかい)の巫舞(みぶ)の呼吸がはじまります。

キングダム【620話】ネタバレ!龐煖の雄叫びが響き渡る!龐煖vs羌瘣はじまる!!

2019.10.31

 

スポンサーリンク

河了貂は淡に感謝して、スグに戦場へと復帰

 

将軍・金毛に迫られ傷を負った河了貂ですが、手に刺さった矢を淡に抜かれて大事には至らなかった様子。

 

淡に対して、兄の仁の手当てをするように指示し、さらに金毛を仕留めた「大手柄」を褒めます。

 

淡は手柄を自覚しておらず「え?え?」と答えるのみ。

 

河了貂は意識を失っている仁に対して「ありがとう」「死んじゃダメだよ」と伝えると、スグに戦いへと復帰します。

 

各隊の状況報告を指示してから「一気に李牧本陣へと突撃するよ!」と叫びます。

 

スポンサーリンク

将軍を失った金毛本陣の動揺「守備かなわず」

 

金毛の死は、すぐさま本陣にいる関備(かんび)に報告されました。

 

関備が「戦死されたのか!?」と驚いているのも束の間、自軍の劣勢を伝える急報が次々と飛び込んできます。

 

なんとか救援を向かわせて事態の好転させようとする関備ですが、本陣に迫る飛信隊を自分の目で確認して万事休す。

 

李牧に対して「今すぐ退去を」「守備かなわず、飛信隊が来る」と伝令を送ることを指示して、飛信隊の軍勢に飲み込まれてしまいました。

 

金毛本陣を突破した飛信隊からは「そのまま李牧本陣へと突撃だァ」との声が上がります。

 

スポンサーリンク

糸凌の相手は馬呈に交代!カイネは李牧のもとへ

 

秦軍の大女副官・糸凌と対峙しているカイネの耳に、左からの喚声が届きます。

 

飛信隊に防衛線を突破されたことに感づいて気が逸れているカイネに対して、糸凌が大きく振りかぶった大剣を思いっきり振り下ろします。

 

なんとか剣で受けたカイネですが、糸凌の大剣の威力はすさまじく、馬ごと吹っ飛ばされてしまいました!

 

そんなカイネの頭を掴んで、片手で持ち上げたのは紀彗(きすい)軍の馬呈(ばてい)です。

 

城主から李牧の救出を命じられて来たそうなのですが、「小難しいことは苦手だ」だとカイネに李牧のもとへ向かうように指示します。

 

そして、糸凌を睨みつけながら「ここは俺が受け持ってやる」と馬呈。

 

糸凌は鋭い眼光ながらも「ニィ」と口元を緩ませます。

 

糸凌と馬呈の一騎打ちが始まります。

キングダム【620話】ネタバレ!龐煖の雄叫びが響き渡る!龐煖vs羌瘣はじまる!!

2019.10.31

 

疲れを見せる信、眠る羌瘣、隊の力で戦おうとする飛信隊だが!

 

李牧本陣の守備兵まで辿り着いた飛信隊からは「行けェ」「ぶち抜け」と声が上がり、士気を漲(みなぎ)らせて前進します。

 

副長の楚水(そすい)は「血を吹きながらついて来い」と、騎兵団を獄突陣(ごくとつじん)で突き進ませます。

 

歩兵長の崇原(すうげん)は「歩兵の押し込みが敵の士気を奪うぞっ」と、騎馬の間をすり抜けていくように指示します。

 

そのとき、副長の渕(えん)が見ていたのは、深手を負ったまま戦いを続けており趙の守備兵の集中攻撃を跳ね返せない信と、馬の上で”消えたまま(眠ったまま)”の羌瘣の姿です。

 

「二人の体はもう限界」と見てとった渕は、ここまで来れたのは二人の活躍だったことを改めて感じます。

 

そして、隊の力によって李牧を討つことを誓い、兵士たちに向かって叫びます。

「飛信隊っ これが本当に最後の戦いだ」
「狙う敵総大将 李牧はもう目の前にいる」
「死力を尽くせっ」
「全てをっ・・出し尽くせェっ」

渕に鼓舞された飛信隊は「オオ」と大声で応え、趙の守備兵たちを圧倒し、さらに前進を続けます。

 

敵将・李牧の姿を捉えた去亥、龐煖の矛に一刀両断され死亡

 

李牧本陣の目の前に進んだ飛信隊の去亥(きょがい)は、そこに李牧がいることを確認します。

 

敵に迫られた総大将の李牧ですが、近衛兵が撤退するように促しても動こうとしません。

 

糸凌との戦いを離脱して駆けつけたカイネは、まだ李牧が本陣にいることに驚きます。

 

そして「早く後方へ脱出をっ」と李牧に促しますが、李牧は全く聞く耳を持たず。

 

前線に復帰している河了貂は、先頭の去亥をそのまま突っ込ませ、那貴隊には回り込んで李牧の絶つように指示を出します。

 

そして、「李牧を取り逃がしちゃダメだ」と、ここで決めるように兵士たちに言います。

 

カイネは、李牧に「しっかりしてください」と脱出するように、すがります。

 

その言葉に反応した李牧は、カイネの耳元に手のひらを当て「私は冷静です」と言います。

 

さらに「飛信隊がここまで来ると決まったわけではない」と意味深な言葉を発します。

 

先頭で李牧本陣へと突っ込む去亥は、新兵の干斗を助けに向かって死亡(592話)した松佐(しょうさ)のことを頭に浮かべます。

 

去亥が「松左っお前の犠牲は無駄じゃなかったぞ」と考えた瞬間、事態が急変します。

 

大きな矛が振るわれ、飛信隊の兵士や馬が次々と切られて飛び散ります。

 

その様子に驚くカイネ、じっと見つめる李牧、そして唖然とした表情を浮かべる去亥。

 

大きな矛は去亥に狙いを定めます。

 

そして、信を思って涙を浮かべた去亥は、馬と共に身体を切断され死亡しました。

 

この去亥の死の瞬間を、信は離れた場所から目にしています。

 

李牧の心の声が、この矛が龐煖(ほうけん)のものであることを明らかにします。

 

「しっかり見届けますよ 龐煖 ”あなた達”の”結末”を」

 

目を血走らせる信。

 

そして、馬上で眠っていた羌瘣は「パチ」と目覚め、「トーン」と巫舞(みぶ)の呼吸をはじめるのでした。

キングダム【620話】ネタバレ!龐煖の雄叫びが響き渡る!龐煖vs羌瘣はじまる!!

2019.10.31

 

2 件のコメント

    • もちろん進撃も続けていますが、これからは他作品もどんどん扱っていきますよ!(笑)
      まだまだですが、最高の漫画メディアを作りたいですね。しばらくはネタバレ記事が主役になるかと思います。
      サイトのタイトルなども検討したほうがいいかもですね(汗)。

  • コメントをどうぞ

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。