【鬼滅の刃】191話で柱ピンチ!珠世の血鬼術説はあり得るのか?

—-ここから本文—-

 

どうも!ナガトです。

鬼滅の刃191話で無惨の攻撃を食らった柱たちが大きく被害を受けてしまいました。

巷では物語もそろそろ終わるのではと噂されており、主要キャラクターが大ダメージを受ける、もしくは死亡するといった恐怖に怯える読者の声が聞こえてきます。

そして実際に柱も何人か退場していますからね……。

この記事では無惨の攻撃を受けてしまった柱は今後どうなるのか珠世による血鬼術の可能性の2点を考えていきます(`・ω・´)

この記事は鬼滅の刃191話のネタバレを一部含みますのでご注意ください!

191話のネタバレのみの記事は下記に貼っておきます。

【鬼滅の刃】単行本19巻の表紙が公開!発売日や見どころまとめ!

2020.01.31

【鬼滅の刃】191話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

2020.01.28

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃191話で柱がピンチ!

「鬼滅の刃」191話「どちらが鬼か」より/吾峠呼世晴

無惨が突然力を入れたように思えました。

その瞬間周りの地面にひびが入り、その攻撃を食らった柱と善逸、伊之助はみんな動けそうにありません。

各剣士の状態は以下の通りです↓

柱や他の剣士の状態
  • 岩柱・悲鳴嶼行冥:左脚を失う、
  • 水柱・富岡義勇:右腕を失う
  • 風柱・不死川実弥:体の状態はわからないが、建物の上階に激突している
  • 蛇柱・伊黒小芭内:左太もも辺りから出血
  • 善逸:部位はわからないが大量に出血
  • 伊之助:左肩辺りから大量に出血

いずれの剣士も横にぐたっと倒れており、すぐには動けないように見えます。

カナヲは攻撃を免れたようで、意識もあり命に別状はありませんでした。

 

スポンサーリンク

柱はもう戦えないのか?

柱が死ぬかどうかは別として、あの状態だともう一度立ちあがり無惨と戦うのは難しい気がします。

また、炭治郎が復活登場したのでタイミング的にはここで柱たちが戦闘不能になるのはちょうどいいんですよね(`・ω・´)

「柱全滅!つら~…」みたいな意見が少なからず出ている気がしますが、まぁひとまず感情的なことは置いといて、冷静にどんな展開が予想されるかを考えたいところです。

今後柱は戦わないと思っているのですが、ここからはその理由を3つほどあげて解説してみますね!

 

主人公復活

「鬼滅の刃」191話「どちらが鬼か」より/吾峠呼世晴

まずはやはり炭治郎が鬼化して復活登場したということ。

今回191話の最後煽り文が

炭治郎、復活――!!!
最後の死闘が幕を上げる!!

だったのでまさに最終決戦という雰囲気ですよね。

主人公が一部鬼化した状態で、最強の敵である鬼舞辻無惨と戦う展開は最後の戦いに相応しいと感じます!

なのでここで柱が(死亡かどうかは別としても)退場することになってもなんら不自然ではないとは思いますよ(`・ω・´)

 

禰豆子が駆けつける

「鬼滅の刃」185話「匂いのない世界」より/吾峠呼世晴

2つ目は禰豆子の戦いへの参加です。

主人公復活に加えて、準主人公でもある禰豆子が戦いに駆けつけることで最後決戦にはもってこいのメンツが揃うことになります。

つまり、炭治郎と禰豆子が柱に取って代わるということですね。

柱(&善逸&伊之助)

炭治郎&禰豆子

こういうシフトですね↑

作者のワニ先生(吾峠先生)の意図を考えるなら、やはり主人公である炭治郎と禰豆子が最終決戦で活躍するように仕向けたいと思うと僕は思うんですよね。

なのでこのタイミングでの柱退場はあり得るんじゃないかなと思いました(‘ω’)ノ

 

柱は十分戦い切った…

「鬼滅の刃」141話「仇」より/吾峠呼世晴

虫柱のしのぶさんは戦い抜いた結果童磨に取り込まれ退場しました。

「鬼滅の刃」150話「気づき」より/吾峠呼世晴

義勇さんも炭治郎と一緒に猗窩座と戦い、ついには痣を発現させましたね!

十分戦ったと言えると思います。

「鬼滅の刃」165話「愕然と戦慄く」より/吾峠呼世晴

無一郎も黒死牟相手に手が出ませんでしたが、最後は赫刀で黒死牟の体を突き刺し役目を果たしました。

痣も発現し戦い切ったと言えるでしょう。

「鬼滅の刃」170話「不動の柱」より/吾峠呼世晴

悲鳴嶼さんと実弥は二人とも痣を発現させ、無一郎や玄弥の助けもあり見事上弦の壱に勝利しました。

蜜璃ちゃんと伊黒さんに関しては正直まだ戦い切れていないところがある気がしますが、一応蜜璃ちゃんは退場していて伊黒さんも191話の無惨の攻撃で重症と考えられます。

今までの無限城内での戦いでほとんどの柱が役目を終えたと考えると、やはり今後は炭治郎と禰豆子の2人が見せ場を作っていく気がします!!

ちなみに伊之助はカナヲと一緒に童磨を倒していますし、善逸も兄弟子のかいがくを倒すという見せ場を既に作っていますね(`・ω・´)

 

スポンサーリンク

珠世の血鬼術の可能性は?

ここから記事の後半です。

Twitterを見ているとちらほらと見かけたのが「無惨は珠世さんの血鬼術で幻覚を見せられているのではないか?」といった意見です。

面白い考えですよね!なかなかあり得そうな展開ではあります!

さて、僕なりにこの展開を考えてみます。

 

血鬼術による幻惑

「鬼滅の刃」14話「鬼舞辻の癇癪・幻惑の血の香り」より/吾峠呼世晴

珠世さんの血鬼術の中に惑血わくち 視覚夢幻しかくむげんこうというものがあります。

炭治郎が浅草で鬼化した人間を取り押さえていたときのことです。

この血鬼術を使うことで、炭治郎の周囲だけまるで別の空間に変化しました。

つまり、この血鬼術を使うことで無惨に珠世さんが死亡したと思い込ませ、幻惑を見せているという予想ができます。

これは僕が考えついたものではなく、先ほども書いたようにTwitterで見かけたものです。

少し引用させてもらいました↓

ちらほら見かけたと言いましたが、まだツイートは上記の2つくらいしか見つけていないんですが…。

「鬼滅の刃」139話「落ちる」より/吾峠呼世晴

139話で珠世さんが無惨に接触したときを振り返ってみると、たしかに「惑血 視覚夢幻の香」を使っているように見えなくもないんですよね(`・ω・´)

14話でやっていたように自分の腕を引っ掻いて血を出しているのがわかりますよね。

 

どこまでが幻なのか?

もし珠世さんの血鬼術が使われているとしても、すべてが幻ということはないでしょう。

あるとしたら、やはり191話で描かれた柱たちがボロボロになっている場面が幻惑…でしょうか?

つまり柱はまだピンピンしているということです。

うーん、でもそれだと上手くいきすぎな気もしますね(笑)。

やはり炭治郎と禰豆子の出番のために柱は退場しておくのがいい気はします。

個人的な意見ですが、仮に珠世さんの血鬼術が発動していたとしても191話の内容はすべて真実な気がします。

あるとしたらせめて珠世さんが死んでなかったという展開かなと思います。

 

愈史郎の出番はないかな…?

これで記事の内容はほぼ終わりですが、最後にこんなツイートも見つけたので引用しておきますね↓

注目してほしいのは前半の「愈史郎の血鬼術説」の部分。

愈史郎の血鬼術が無惨撃破に役立つ、ということを言っているのかな?と理解しましたがどうでしょう。

愈史郎は鳴女を操ったという点において活躍しました。

能力としては札を使うことによる目隠し(血鬼術ではないかな…)と鳴女でお馴染みのマインドコントロールです。

ぶっちゃけもう役に立たないかもな、と思っていますがどうでしょうか。

珠世さんから打倒無惨に重要な何かを預かってないかな…と考えたりもしますがわかりません(-_-)

【鬼滅の刃】単行本19巻の表紙が公開!発売日や見どころまとめ!

2020.01.31

【鬼滅の刃】191話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

2020.01.28

 

まとめ

少し長くなりましたがこれで終わりです。

まとめるとこんな感じです↓

記事まとめ
  • 炭治郎が復活(主人公の登場)
  • 禰豆子が駆けつける(準主人公の登場)
  • ほとんどの柱は十分戦い切った

柱は退場、今後無惨と戦うことはないのでは?

あるいは……

珠世さんの血鬼術により無惨は幻を見ているかも?

というわけで以上になります。

何か意見などありましたら、コメント欄にお願いします!

それではさようなら~(^o^)丿

【鬼滅の刃】単行本19巻の表紙が公開!発売日や見どころまとめ!

2020.01.31

【鬼滅の刃】191話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

2020.01.28

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。