【鬼滅の刃】炭治郎が死亡!?200話読んで考えたこと…

—-ここから本文—-

 

どうも、ナガトです。

鬼滅の刃がとうとう200話に到達しました。

無惨様を倒せるのかに注目ですが個人的には無惨復活はあるだろう、あってほしいと前々から言っています。

さて、どうなったのでしょうか200話。。。

【鬼滅の刃】おい...無惨様を観てくれ...201話の振り返りと感想!【ネタバレ注意】

2020.04.07

【鬼滅の刃】199話ネタバレ&感想・考察!【降り注ぐ陽光に泣き叫ぶ】

2020.03.27

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃200話のあらすじ振り返り

タイトルは「勝利の代償」です。

無惨の体は散り、ついに姿までも見えなくなりました。

ウオオオオと現場にいる隊士たちはとうとう無惨を倒したと皆泣き湧いています。現場から離れている産屋敷 輝利哉(きりや)は緊張が解けたためか意識を失います。

現場では数人の隊士たちが非鳴嶼の周りに集まっています。

非鳴嶼は自分はもう手遅れだから薬は使わないでくれと隊士たちに頼みます。もう命は持たないようです、、、。

そんな気の遠い非鳴嶼のもとに子供たちが、、、かつて非鳴嶼が寺で育てていた子供たちです。

子供たちは鬼が現れた日のことを語り出しました。自分たちはあの時逃げたわけではない、目が見えない先生(非鳴嶼)を守るために武器を取りに行った、人を呼びにいった、獪岳を追い出したのには理由がある、など非鳴嶼が知らなかったことを話し出す。

子供たちに囲まれた非鳴嶼は天へと旅立ったようです。。。

動けない甘露寺を抱いている伊黒。無惨が死んだことを甘露寺に伝えます。甘露寺と話しているときは普通の青年になれたようで幸せだったと伝えます。甘露寺は伊黒のことが好きだった、一緒に食べるご飯がおいしかったと伝えます。。。

次は実弥。向こう側に玄弥を含む兄弟たちが楽しそうに遊んでいるのが見える。そことはまた違うところに母親の姿が。なぜお袋は向こう側に、玄弥たちがいる方に行かないのかと尋ねますが、我が子を殺した自分は天国に行く資格はないと答えます。だったら自分もそっち行くよと言う実弥だが、そこに突然父親が現れる!お前はまだ向こうにもこっちにも来るなと言い突き放す

玄弥は意識を取り戻したようです。

つづいて伊之助と善逸。ケガで身体はすごいことになってますが二人とも意識はあり、大丈夫そうです。

義勇は隊士たちに添われながらも歩ける状態。炭治郎の無事を心配しています。炭治郎は右手に刀を握ったまま地に両ひざをつきうつ向く、、。息をしてない、脈がない。炭治郎につきそう隊士がそう言いました。炭治郎の目の前に膝をつく義勇は、また守れなかった、許してくれ禰豆子と一人つぶやく、、。

禰豆子は完全に人間に戻ったようで今まさに炭治郎のもとへ向かっています。。。

勝利の代償
それはあまりに大きく…

という感じで鬼滅の刃200話終了です。

【鬼滅の刃】おい...無惨様を観てくれ...201話の振り返りと感想!【ネタバレ注意】

2020.04.07

【鬼滅の刃】199話ネタバレ&感想・考察!【降り注ぐ陽光に泣き叫ぶ】

2020.03.27

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃200話の感想

まず言いたいこと。無惨様は死亡しました。もう1回復活するとか禰豆子の吸収があるとか言ってたのですが、普通に決着はついたみたい(-_-) なんとなんと。 タイトルは「勝利の代償」でして、ここからも無惨様の敗北が決定したことがわかります。

というわけでなんだかすっきりしました。ただその代償は半端ではなく、やはり死亡者がどどどっと出てきました(>_<)

 

無惨戦での死亡者

今回の戦いで死んだ、もしくは死ぬと思われる人物をあげておきます。

死亡(すると見られる)者たち

・非鳴 嶼行冥
・伊黒 小芭内
・甘露 寺蜜璃
・竈門 炭治郎

非鳴嶼行冥

まず非鳴嶼さんに関してはほぼ死亡確定だと思います。子供たちと一緒に天国へ逝ったんじゃないでしょうか。

関係ないですがひとつ引っかかったのは獪岳。獪岳と言えば善逸の兄弟子で新・上弦の陸になった人物ですが彼は非鳴嶼さんの寺で育てられていた人物だったのみたい。気付かなかった、、、135話を読み返したら寺に鬼を招き入れたのが獪岳であることがわかりました!当時名前は出てませんでしたが、シルエットは獪岳ですね(`・ω・´)

 

伊黒 小芭内

伊黒さんはまだ生きてはいますがすぐに死ぬだろうと言ってましたので、はい。最後に無惨の噛みつき攻撃も食らったし、かわいそう。。。

 

甘露寺 蜜璃

蜜璃ちゃんも死ぬのか、、。ちょっと意外でしたねこれは。伊黒さんが生き残って蜜璃ちゃんが生き残るパターンかなと思ってたりしたのですが、まさかの二人一緒に昇天とは(-_-) 共に生まれ変わって平和な世界で生きましょう、ということなんでしょうか。輪廻転生。。。

 

竈門 炭治郎

物語的に重要なのはここです!主人公はどうなるのか!?息もない脈もないと言ってましたが、普通に考えれば死んでそう。まだ死んでなくてもこのあと死ぬ確率は非常に高そうですよね。

義勇さんは「また守れなかった」と言っており、炭治郎の死亡が確定したかのような物言いでした(炭治郎推しは勝手に殺さないでと嘆いた気がする)。ということはやはり炭治郎は死んだのでしょうか?

 

200話の巻頭絵からわかること

今回は鬼滅の刃巻頭カラーでした。

ページ右側に「想い遺し別れ」、左側に「受け継ぐ人の意思」と書かれた今回の巻頭。明らかに意味を持っていそうな構図になっていました(; ・`д・´)

右側には炭治郎、非鳴嶼さん、伊黒さん、蜜璃ちゃんの4人が描かれています。そして「想い遺し別れ」です。に禰豆子、善逸、伊之助、義勇さん、実弥の5人が描かれていて「受け継ぐ人の意思」です。

かなりわかりやすいですが左側に描かれた人物は今回死んだ、もしくは死ぬっぽい人たちですよね、、、。そして右側の人物たちは生きている人間。死ぬ人物については先ほど書いたので、ここからは生きる人物について。

天国にも地獄にも行かずまだこの世にいろ、と父親に言われた実弥は意識を取り戻しました。手当もがっつり受けていたので生存は確実ですよね。さすが不死川家長男!!(; ・`д・´)

禰豆子も大丈夫です。それにしてもやっと禰豆子登場です!196話での登場以来出てなかったので!あとは善逸伊之助。この二人は重症ですが死なない雰囲気出てます。ぷんぷん出てます。伊之助は「めっちゃ元気コイツ」と手当をしてる隊士に言われてまして、善逸も「ずっと喋ってるじゃんコイツ」です(笑)。彼らは大丈夫なはず。

他の剣士と同じく義勇さんも重傷ですが一応歩けるレベルで命に別状はなさそうです。

というふうに考えると巻頭の人物の配置は生存者と死亡者を表していると考えられます!

 

次回以降の展開について

次回201話以降はどうなるのか?おそらく禰豆子が炭治郎のもとに駆けつけて何かしらのアクションを起こしますよね。これまでの禰豆子であれば爆血を使い無惨の毒を無毒化…というふうにできたかもしれませんが今やただの人間。禰豆子に何かできることはないのではと思えます。よね?

妄想はさておき、今回はちょっと書きたいことがありまして、、、それは「過狩り狩り」について。

もしかしたら知らない方もいるかもなので説明しておくと、「過狩り狩り」は「鬼滅の刃」作者の吾峠呼世晴先生の読み切り作品です。2013年にJUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞された作品です。

ストーリーはざっくり言うと片腕のない盲目の剣士が鬼を倒す物語なのですが、気になる方は読んでみてください↓

で、重要なのはここから。過狩り狩りの主人公は片腕のない鬼狩りなのですが、何かとリンクしますよね。

無惨の攻撃によって左腕を失った炭治郎です。肩から下がありません。対して過狩り狩りの主人公は理由はわからないけれど右腕が同じく肩から下がない。。。

右と左で違うところはあれど、すごい似てますよね?きっと作者は意識してると思うんです(`・ω・´) こういうの好きです。

 

スポンサーリンク

まとめ

過狩り狩りは鬼滅の刃に繋がるところがいくつかあったりして、めちゃめちゃ興味深いのでご一読をおすすめしまっす(`・ω・´)ゞ

200話の巻頭絵を見た感じだと炭治郎は死亡ということになりそうですが、過狩り狩りのように片腕のない剣士になったら超絶かっこよくないですか本当に!!たぶんないとは思いつつも期待してます!

平安時代の無惨様の深掘りや青い彼岸花など、まだ個人的に気になる部分は残ってます。新章はあるのでしょうか。。。

ではでは。

【鬼滅の刃】おい...無惨様を観てくれ...201話の振り返りと感想!【ネタバレ注意】

2020.04.07

【鬼滅の刃】199話ネタバレ&感想・考察!【降り注ぐ陽光に泣き叫ぶ】

2020.03.27

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。