【鬼滅の刃】197話あらすじ振り返り&感想や考察!

—-ここから本文—-

 

どうも!ナガトです。

鬼滅の刃197話が公開されましたね。

みなさん、読みましたか?

いやー、すごいですよ。

動画の内容は197話を既に読んだ人に向けての内容になっています。

197話での注目ポイントや次回以降の予想もしていきたいと思います。

【鬼滅の刃】198話ネタバレ&感想!【ついに夜明けが......】

2020.03.19

【鬼滅の刃】196話ネタバレ考察!【ついに開いた記憶!珠世の怨念】

2020.03.02

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃197話ネタバレ考察

 

煽る珠世と焦る

珠世さん、また登場しましたね。193話では無惨の細胞の中に登場した珠世さんが、使ったのは人間返りの薬だけじゃないということを囁きました。

で196話では、使った薬が実は4種類であることを明かしました。それに対して無惨は焦りを見せてました。

そして今回197話、もう再び珠世さんが登場して、無惨の焦りを煽りに来たんですよ。

この戦いでいちばん活躍してるのって実は珠世さんなんじゃないですか?ってくらいですよね。

僕、珠世さんのキャラ好きなんですけど、この一連の登場でもっとお気に入りになりました。

じゃあ、ちょっと珠世さんの台詞を見て振り返っておきましょうか。

「お前を殺す為にお前より強くなる必要はない…お前を弱くすればいいだけの話…」
「お前が生きるのになりふり構わないように、私達もお前を殺すのになりふりかまない…」

いいですよね(笑)。

こんな恐ろしいこと言ってるんですけど、穏やかな表情で無惨の体についていて、むしろ無惨に愛着を感じているかのように見えました。

ただ、無惨の顔が珠世さんの手に、こうやって(ジェスチャー)覆われてるんですけど、爪を立てて、無惨の顔から出血しているんですよね。

197話のタイトルが「執念」、完全に珠世さんのことを指してるように思えませんか?

 

焦る無惨

無惨は珠世の囁きに焦り、苛立ちを覚えます。

たしかに彼らは赫刀に至ってはいるが、縁壱の赫刀はこんなものではなかった。

しかし本来は脅威にならない彼らの赫刀が極めて有効な攻撃となるように、珠世の薬が作用していると。

初めての薬であり、しかも複合されているために分解するのにも時間がかかる

という具合に焦りと怒りを表していました。といっても自分の置かれている状況をしっかり認識しているのはさすが無惨様ですよね。

 

炭治郎と伊黒

珠世さんの囁きを聞いたためか、無惨の動き一瞬止まります。

その隙を見て、伊黒さんと炭治郎が斬りかかりました。がしかし、次の瞬間、二人は猛烈な風に吹き飛ばされてしまいました。

もちろんこれは無惨の攻撃です。

無惨の体には、上半身ですね、巨大な口が出現、今まで体中にあった口の何十倍もありそうな口がありました。

この衝撃波をまともに食らった炭治郎は、けっこうまずい状態になってましたよね。

呼吸困難で動けない感じでした。

 

伊之助、善逸復活

炭治郎のピンチに嘴平伊之助、我妻善逸の2人が復活。

いやー、ここに来て伊之助と善逸復活ですよ。

愈史郎が打った血清が効いたんでしょうね。

善逸は禰豆子も人間に戻った!『家族』も待ってるんだ!死ぬな炭治郎!!と動けなくなっている炭治郎は鼓舞します。

伊之助は悲鳴嶼さんの斬られた脚と、義勇さんの切断された腕のことを言ってましたね。

ここにいっぱい転がっているのは一緒に飯を食った仲間達だ…全部返せ!!

と無惨に立ち向かいます。

 

炭治郎が…

炭治郎は動かない自分の体をなんとかして動かそうとします。

筋肉に痙攣が起きているみたいで、肺にもダメージを喰らったといいます。

ただ、炭治郎と言えば精神力、体を動かします。

まだ体の中に残っている無惨の毒を排出するため、自らの体を刀で突き刺します。

 

立ち上がる3人

197話終盤、追い詰められる無惨の気持ちが描かれます。

倒しても倒しても立ち上がり、自分の命を奪わんとする炭治郎たち鬼殺隊のことを、「害虫」と呼んでました。

そんな今の無惨の気持ちをを具現化するように、不死川実弥、悲鳴嶼行冥、富岡義勇が立ち上がります。

というところで197話終了でした。

【鬼滅の刃】198話ネタバレ&感想!【ついに夜明けが......】

2020.03.19

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

 

スポンサーリンク

感想

みなさんどうでしたか197話?

色んな意味でぎりぎりのところまで来てますよね。

個人的にここが197話の盛り上がりどころなんだろうなと思ったのは、やっぱり伊之助、善逸と柱の復活じゃないかなと思います。

特に柱復活は盛り上がること間違いなしですよね。

悲鳴嶼さんと義勇さんですけど、脚と腕なかったら、ほぼほぼ戦えない気がしますけどどうするんでしょうね。実弥の場合はどこも失っていなそうなので、大丈夫だとは思うんですけど。

ただ、僕個人の中でいちばん盛り上がったのは、やっぱり珠世さんですね。地味に活躍してますし、ここにきて200年の無惨への恨みが爆発しているように見えます。それでいてあの穏やかな顔がまた不思議ですよね。無惨に愛着持ってるように見えなくもない気がしませんか?

あと、今回は禰豆子の登場がありませんでした。絶対戦場には来ると思ってるんですけど、どうなるんでしょうか。

【鬼滅の刃】198話ネタバレ&感想!【ついに夜明けが......】

2020.03.19

【鬼滅の刃】196話ネタバレ考察!【ついに開いた記憶!珠世の怨念】

2020.03.02

NEW!!【↓鬼滅の刃を全巻読むなら↓】

2 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。