【呪術廻戦】147話「パンダだって」内容振り返り・感想考察など

—-ここから本文—-

どうもどうも当サイト運営者のナガトです。

少し前に週刊少年ジャンプに掲載れた呪術廻戦147話の振り返りをしていこうと思う。

147話では、今までの流れとは打って変わって東京校学長・夜蛾の話が描かれた。展開がかなり速いと感じたがゆっくり見ていこうと思う。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】147話「パンダだって」内容振り返り(ネタバレ注意)

扉は夜蛾と幼いパンダが手を繋いでいる絵となっている。

夜蛾は拘束の身となっていた。夜蛾が拘束されている部屋の前にいるのは京都校学長・楽巌寺である。アレは何だ、楽巌寺はパンダの正体について夜蛾に問う。呪骸は他の操術よりも自立して行動することができる、だがしかし原動力である呪力は呪骸を作った術師のものを消費するのである。ただしパンダの場合は違った。パンダは呪力自身で補完することができている。これは何を意味するのか?

現在夜蛾は上の組織の命令で拘束されている。彼は特級に認定され、要は危険人物として見られているということだ。自身で呪力を補完できるパンダを創った夜蛾は、理論的には軍隊を作れるということになる。それを恐れた上の組織が夜蛾を拘束するよう命令したのだ。

パンダの作り方を知らないのか?と問う楽巌寺だが、知らない、と夜蛾。

次のページ、場面が変わる。部屋に閉じ込められていた夜蛾の身は別の場所にある。どうやら外にいるようだ。彼の隣には呪骸の姿が。夜蛾を元気づけようとする呪骸。。。

その呪骸の名はタケルという。タケルにしばらく帰れないと夜蛾が伝えるとタケルは心配する。どうやら二人は今、天元の森の中にいるらしい。この森なら天元が守ってくれる、心配はいらない、タケルを安心させようとする夜蛾であった。

 

パンダと日下部

その頃、、、

夜蛾同様パンダも拘束の身にあった。しかし東京校の担任である日下部が秘密裏にパンダを解放する。誰にも言うな、これは夜蛾さんを誘い出すため、彼には恩がある、と言う日下部。

ここでまた天元の森の場面に移る。夜蛾の前に現われたのは日下部である。日下部の隣には車いすに座った日下部の妹が。妹には息子がいたが何らかの事情で息子を失ったようだ。名はタケル。妹は呪骸であるタケルが息子と同じに見えるらしい。日下部は妹のために動いてくれた夜蛾に感謝するのだった。

 

夜蛾、息子に会いに、、、

場面は変わる。夜分、拘束の身にあったはずの夜蛾だったが今は外にいる。そんな夜蛾の目の前に現われたのは一人の男。上層部・もしくは京都校の人間か。夜蛾の動向を見張っている人物らしい。夜蛾はこれからパンダに会いに行くようだ。しかし彼は夜蛾を通さないようだ。さらにそこに現われたのは楽巌寺であった。

血だらけの夜蛾。。。どうやら男と楽巌寺の二人組で夜蛾を戦闘不能にしらしい。男は楽巌寺の指示でその場を去る。その男が去るや否や、呪骸の製造方法を詳細に話す夜蛾。なぜ今更話すのか、話せばこんなことにはならなかったのに、そう言う楽巌寺であったが。呪いだ、私からあなたへの呪いだ、夜蛾は微笑を浮かべながらそう言った。

そこに駆けつけたのパンダだった。楽巌寺と戦う意思はないようで、すぐに夜蛾のもとに駆け寄る。あなたはまさみち(夜蛾)とは仲は悪くなかった、どうせ上の命令でやったのだろう、とパンダは言う。

夜の電柱の光に群がる蛾、パンダは涙を流すのだった――

呪術廻戦147話、完――

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】147話「パンダだって」の感想・情報整理や考察!

前話まで虎杖たちの動向が描かれていた呪術廻戦。今話では夜蛾中心に描かれた。展開が早かったのでじっくり見ていこうと思う。

 

なぜ、今この時?

「呪術廻戦」147話より

五条悟が拘束された渋谷事変以後、夜蛾は拘束されていたわけだ。まず気になるのはなぜこのタイミングで夜蛾が捕まったのか?だろう。

捕まえるよう命令したのはもちろん上層部だろう。作中では「総監部」という呼ばれ方をしていたと思う。呪術界でもっとも上にある組織のことだろう。上層部が、夜蛾が軍隊を作ってしまう可能性があると判断して拘束に踏み切ったわけだ。

たしかにパンダが呪骸を作った術師の呪力を消費しない「完全自立型の呪骸」であることは事実であるし、軍隊が作られてしまう可能性も懸念点にはなる。だがなぜこのタイミングなのか?疑問が残る。。。

 

森でのこと

「呪術廻戦」147話より

場面の転換に一瞬戸惑った。拘束の身から急に森だ。だがこれは過去回想だろう。

タケルという呪骸が登場したが、これは日下部の妹のために造られた呪骸であるらしい。

「呪術廻戦」147話より

「あの人には恩があんだよ」と日下部は言っていたが、この時のことを言っていると思われる。過去に夜蛾が妹のために動いてくれたことがあった、だから夜蛾には恩がある、そういうことだろう。

 

夜蛾は死罪だったのか?

森での回想シーンが終わると、今度は現在のシーンに戻る。疑問なのは夜蛾が外にいること。「息子に会いに」と言っているが、なぜ拘束の身にある彼が外に出ることできるのか?楽巌寺は「無期限拘束を正式に下そうとしている」と言っていたが、外に出ることはできたのだろうか?ちょっとわからなかった。

「呪術廻戦」147話より

ここで男が夜蛾が死罪であると言っているが、これもやや疑問ではある。無期限拘束ではなかったのか?殺してもいいことになっているのか?実際147話の最後では死んでしまったようなので、殺してもいいことになっていたのかもしれない。。。

 

完全自立型呪骸の創り方を明かす

「呪術廻戦」147話より

実は夜蛾は知っていたのである。パンダのような自立型の呪骸の創り方を。タケルを創ることができたのも、方法を知っていたからだろう。

詳しい創り方に関してはこの記事では省くが、重要なのはなぜこのタイミングで話したのか?である。楽巌寺の言うとおり、もっと早く話していれば死ぬことはなかったはずだ。しかし夜蛾は自ら殺されることを選んだ。なぜか?

おそらくは下のコマに答えが隠されている↓

「呪術廻戦」147話より

「私からアナタへの呪いです」

抽象的で含みがあるように思える。自分から死を選び、死に際で呪骸の創り方を楽巌寺に伝える。楽巌寺からしてみれば嫌な別れ方である。まさに「呪い」と言えよう。

とにかく、死ぬぎりぎりまで創り方を隠していたのは自分の死に時がここだとわかっていたからだろう。ただし自死の道を選んだ理由は判然としない。今後夜蛾の死に関係するエピソードが出てくるのだろうか。。。

 

スポンサーリンク

まとめ

147話はこんな感じだった。

楽巌寺だけではなく読者の方にも「呪い」のような何か微妙な読後感を残した気がする。これこそ呪術廻戦なのかもしれない。というのは半分冗談だが、夜蛾の死に関してはもう少し深掘りしてほしいと思う。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。