【呪術廻戦】145話「裏」を情報整理・考察!

—-ここから本文—-

どうもどうも。当サイト運営者のナガトです。

前回144話に不死の存在・天元が登場した。今回はそのつづきである。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】145話「裏」内容振り返り!

天元登場!

九十九由基は、なぜ薨星宮が閉じられているのかを天元に問う。それは九十九が羂索(けんじゃく)に同調していることを危惧したからだ、と天元。羂索とはあの夏油の被り物をしている存在である。かつては加茂憲倫(かものりとし)の被り物をしていたと、天元は言う。

天元の見た目が異質なことに突っ込みを入れる虎杖。不死であり不老ではない天元は500年生きている、500年も経つと見た目がそんな風になるのだとか。。。

11年前の星漿体との同化の失敗により老化が加速し、個としての自我がなくなり天地そのものが天元の自我となったらしい、云々、、、

伏黒が口を開く。羂索の目的獄門疆(ごくもんきょう)の解き方を教えて欲しい、と。ある条件を飲んでもらえれば教える、と天元は返す。その条件とは、乙骨、九十九、脹相のうちの2人がこの場に残り、天元を護衛することである。

 

羂索の目的

「呪術廻戦」145話より

天元は羂索についての情報を話し始める。羂索の目的は日本にいる人間全員への強制進化だ、とのこと。そして進化の手段として使うのが、人類と天元の同化だと言う。

仮に天元と人間が同化するとどうなるのか?同化した人間は術師という存在を超えると言う。。。その術師を超えた人間が暴走した場合、世界が危機的状況に、つまり先の東京で起きたことが世界で再現されてしまうのだとか。

だったら天元が同化を拒否すればいいと真希が口を挟む。しかしそこには問題があると言う。今の天元は人間というよりは呪霊に近い存在のようで、呪霊操術の術式対象になっている。

つまり呪霊操術を使用できる羂索と天元が接触してしまうと、天元が羂索の手に落ちてしまうということだ。そうなれば人類の進化が為されてしまう。

 

獄門疆の解き方

現在五条悟が封印されている獄門疆。天元はその場で突然獄門疆「裏」なるものを取り出した。

獄門疆「裏」あれば五条悟を解放することができる。しかしそれにはカギが必要とのことだ。そのカギとなるのが「天使」という術死らしい。

彼女も死滅回遊のプレイヤーとして参加しているようだ。。。

【呪術廻戦】146話「死滅回遊について」内容振り返り・情報整理・考察!

2021.06.12

【呪術廻戦】獄門疆「裏」解放に必要な呪具は五条が破壊!残る手段は「天使」!?

2021.06.11

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】145話「裏」の情報整理!

かなり色々な情報が出てきたような気がする。他の読者もそうだとは思うがナガトも正直混乱した。

ゆっくり整理していこう。

今回の話を大きく分解すると、

・羂索の目的

獄門疆の解き方

の二つになる。

ややこしかったのは最初の羂索の目的の方だ。色々な追加情報があったためややこしくなった。

 

羂索の目的は人類の進化

羂索の目的はざっくり言うと人類の進化である。その過程としての死滅回遊があると考えれば頭がスッキリする。

「呪術廻戦」145話より

そして人類の進化の手段として人間と天元の同化がある、との説明があった。

「呪術廻戦」145話より

羂索「人類を進化させよう」

天元「人間が進化して暴走したらヤバい(汗)」

天元&虎杖たち「人類の進化を止めよう(人類と天元の同化を止めよう)!」

おそらくこのような話の流れになっているのではなかろうか?

 

獄門疆の解き方

ここに関しては別の記事で書いているので、ここでは割愛させていただく。

【呪術廻戦】獄門疆「裏」解放に必要な呪具は五条が破壊!残る手段は「天使」!?

2021.06.11

というわけでめちゃくちゃややこしい145話であった。

この記事に書いていることの中にも誤解はあるだろうし、作中でも訂正などが出てくる可能性もある。

今は完全に理解しようとせず、大きな流れだけ掴んでおけば大丈夫な気がする!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。