【進撃の巨人】あの本に登場した描写の謎に迫る!【悪魔と少女】

 

ナガト

先日進撃の巨人の日めくりカレンダーのシーンを読み返すために13巻を読んでいたら、発見があったので今回はそれについて書いていきます。

ナガト的にはかなり大発見なので見てもらえると、嬉しいです!

さて、雑談からいきましょう(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク

雑談

 

 

“当時は「みんな、何かの奴隷だった」と考えながらネームを描いていました。エルヴィンの場合は「夢」に捕らわれた奴隷というか。そして生きている限りはそこから解放されることはなく、解放されるには死ぬしかなかったんです”
(2017 キャラクター名鑑)

 

これは…怖い(苦笑)。

エルヴィンは生きている限り解放されることはなかったと考えているようですね。

死んでようやく解放された、というイメージだったのかぁ……。

エルヴィン本人がどう思っていたのかも気になりますが、最後にリヴァイ兵長に見せた微笑みは印象的でした(`・ω・´)

たられば話にはなっちゃいますが、地下室にたどり着いたエルヴィンを見てみたい気持ちはありますね…。

 

 

本題です!

 

スポンサーリンク

「進撃の巨人」物語の謎を解く鍵……

 

13巻を読み返していたら、つい目に留まった箇所がありました。

 

そこにものすごい可能性を感じたので、この記事を読んでいる方たちと共有したいなと思います。

 

ヒストリアの本にある文章

幼少期ヒストリアが読んでいた本

「進撃の巨人」51話「リヴァイ班」より/諌山創

これはヒストリアが幼い頃に読んでいた本を思い出すシーンです。

 

ちょっとこの文字が書いてある部分を拡大してみます↓

幼少期ヒストリアが読んでいた本

「進撃の巨人」51話「リヴァイ班」より/諌山創

まだまだ意味不明ですね…。

 

進撃の巨人の世界では文字上下逆さまになっているので、次はこれを180度回転させてみます↓

幼少期ヒストリアが読んでいた本

「進撃の巨人」51話「リヴァイ班」より/諌山創

何と書いてあるように思えますか?

ちょっと難しいですが、ナガトはこう読むことができました。

 

マイニチサムイノデ

カゼヒカナイヨウニ

キヲツケテクダサイネ

 

むむっ!(`・ω・´)

 

何ですか!?これは!!何か秘密がありそうな予感……

 

漢字とひらがなを振ってみました。どうぞ。

 

毎日寒いので

風邪引かないように

気をつけてくださいね

 

何だか意味深ですね……。

 

ここからはこの文章の意味するところを深掘りしていきます。

あくまでも管理人(ナガト)が非公式に解読し、漢字とひらがなに変換したものです。必ずしも正確な解読ではないことにご注意ください。

 

スポンサーリンク

メッセージを読み解く

 

この短くも日本語として意味を成す文章は、一体何を意味しているのでしょうか?

幼少期ヒストリアが読んでいた本

「進撃の巨人」54話「反撃の場所」より/諌山創

先ほどの文章の意味を、本に描かれたこの絵👆をもとに読み解いていきます!

ちなみに、この画像は51話ではなく54話に登場したときのヒストリアが読んでいた本です。こちらの方は文字を解読することができませんでしたm(__)m 意味を成しているのかどうかもわかりません……。

 

優しいクリスタ

 

フリーダはこの本の中の少女を指さして「いつも他の人を思いやっている優しい子」と言っていました。

アニメ「進撃の巨人」38話「狼煙」より/諌山創

ヒストリア自身も「もうみんなに優しくて いい子のクリスタはいないの」と言っていました。

 

また、フリーダはこんなことも言ってました↓

 

みんなから愛される人になって助け合いながら生きていかなきゃいけないんだよ

 

なので、この本に描かれている少女は他の人に優しくて、みんなから愛されていて、助け合いながら生きる人間だったということになるのかなと思います。

 

これって先ほど解読した文章と繋がりませんか?

 

毎日寒いので

風邪引かないように

気をつけてくださいね

 

この文章は少女から悪魔に向けて言ったものと思えますよね!

 

おそらく、この少女は悪魔にすら優しく接していたのだと思いますよ。

 

今までこの描写は少女がりんごを渡しているのか、それとも誰かが少女にりんごを渡し、それを少女が受け取っているのかが不明でした。

 

しかし、このように考えてみると少女が悪魔にりんごを渡している描写だということが予想できますよね(; ・`д・´)

幼少期ヒストリアが読んでいた本

「進撃の巨人」54話「反撃の場所」より/諌山創

さらに「毎日寒い」「風邪引かないように」という言葉と、この悪魔らしき生物がマントを羽織っていることを合わせて考えてみます。

 

すると、これから悪魔がどこか寒い場所に行くのだろうと察せられます!!

 

あくまで予想ではありますが。

 

つまり、この絵本にある描写は、これから寒い場所に行こうとしている悪魔を少女が見送りに来て、りんごをあげる場面だったのではないでしょうか?

 

これはあくまでナガトの予想なので、他にもっと考え方はあるかもしれません(; ・`д・´)

 

しかし、ひとつの結論としてナガトはこのように考えました!

 

まとめ

 

まだ書きたいことはあったのですが、ちょっと疲れたので今回はここまでにしておきますm(__)m

 

記事のまとめ

・幼いヒストリアの読んでいた本に描かれていた文章の内容が判明
→「マイニチサムイノデ カゼヒカナイヨウニ キヲツケテクダサイネ」

・りんごを持つ少女
→「大地の悪魔」にりんごを渡している

結論:これから寒い場所に行こうとしている悪魔を、少女がりんごを携えて見送りに来ている場面

 

いやぁ、自分で言うのもはばかられるのですが今回はかなり有益な記事になったんなじゃないかなと思いますっ!

 

たったあれだけの短い文章でしたが、進撃の巨人読者の妄想をかき立てるには十分なインパクトを持っているなと感じましたよ!(^^)!

 

今後は北欧神話など神話の内容も考えつつ考察していこうと考えています。みなさんの意見も聞かせてもらえると、より興味深い考察ができると思いますっ!

 

考えなどあれば、ぜひコメント欄に書いてみてください(*’▽’)

 

それではまた!

 

4 件のコメント

  • このシーンのあの言葉、29巻の特装版についているショートストーリーのヒストリアとフリーダのお話に似たようなものがありましたよ!(その場合は少女が暮らしましたとなっていました。)なにか関係があるのでしょうか?

    • >29巻の特装版についているショートストーリーのヒストリアとフリーダのお話に似たようなものがありましたよ!

      本当ですか!?
      ありがとうございます!確認します(`・ω・´)ゞ

        • 読みましたよ!「フリーダの書き方表」

          そうですね、同一人物な気がします。ヒストリアが読んでいたあの物語には裏がありそうだなと思いました。
          コミック本編では語られていないことではありますが、本編と繋がりはありますよね。

          シラス兵士長さんに言われるまで読んでいなかったので、もし言われていなかったらまだ気づいていませんでした。
          助かりました!
          考察してみようかと思います。

  • コメントをどうぞ

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。