ゴールデンカムイ【225話】考察!第七師団の居場所が判明!土方勢力と札幌で遭遇へ!

 

ゴールデンカムイ第225話の考察です!

北海道に戻ってから居場所が分からなかった第七師団の本体ですが、ある程度の場所が判明しました。

また、土方勢力については、札幌に近い位置であることが判明。

3つの勢力の激突がどこから始まるのかが見どころですが、まずは札幌が濃厚です。

第七師団vs土方勢力、今後の流れを考察します。

ゴールデンカムイ【225話】ネタバレ!札幌の連続殺人事件の犯人は刺青脱獄囚!

2019.12.27

ゴールデンカムイ【223話】考察!鶴見中尉の居場所は?新勢力・海賊房太郎とは?

2019.12.13

 

スポンサーリンク

石川啄木の登場で、土方たちの居場所が判明!

札幌で新聞記者をしている石川啄木が登場しました。

 

啄木は札幌の殺人現場で取材をして、警察官に面倒がられながらも質問をしています。

 

そして、その後は土方たちの隠れ家へと足を運んでいます。

 

話をしている内容からも推測できますが、どうやら土方たちは札幌近郊にいるようです。

 

明らかに文系な石川啄木が歩いて行ける距離ですから、かなり札幌に近そうです。

 

土方たちであれば、やはり1日で移動できそうな距離なのでしょう。

 

世間を騒がせるニュースを見ると、刺青の脱獄囚を疑うのが土方です。

 

網走で勤務していた門倉には、心当たりがある様子です。

 

横浜で売春婦を狙って殺人をしていた男が、24人の脱獄囚に含まれているとのこと。

 

第七師団ほどの組織だった動きができない土方勢力ですが、色んな人材がいることで情報戦にも強いです。

 

札幌の殺人犯の首元からは刺青が見えましたので、門倉の予想は的中ですね。

 

3つの勢力では最も札幌に近いのが土方勢力ですので、1番乗りは間違いなさそうです。

 

札幌へは、土方勢力が全員が揃って向かいます。

 

スポンサーリンク

鶴見中尉は子供のころから宇佐美を知っていた!

一方の鶴見中尉も新聞で札幌の連続殺人を知り、刺青脱獄囚の犯行を予想します。

 

第七師団には脱獄囚を知る人物がいませんが、鶴見中尉の勘は的中です。

 

そして、札幌へと刺青の獲得に向かうのは、菊田と宇佐美です。

 

今回の最後は鶴見中尉の回想で、宇佐美との過去のシーンでした。

 

14歳の宇佐美少年に「久しぶり」と言ってますから、幼少期から顔見知りのようです。

 

回想シーンのエピソードで鶴見中尉は、兵士たちが人殺しを避ける逸話を話しています。

 

このなかで「例外を除いて」とありますから、宇佐美はその例外なのでしょう。

 

人を殺すことに抵抗がなく、任務を遂行する人物としての宇佐美が描かれるはずです。

 

そして、目的地の札幌では、土方勢力との遭遇が確定です。

 

つまり、宇佐美は土方勢力の誰かを無慈悲に殺すことになるのですが、可能性としてはふたりです。

 

尾形なのか、有古(ありこ)なのか。

 

このうちのどちらかでしょう。

 

宇佐美自身が「スパイの有古一等卒も期待できないし」と言及しています。

 

なので、ここは順当にいけば有古が殺される流れです。

しかし!

前回からどうも尾形の様子がおかしいので不安がよぎります。

 

もしかして、尾形が死んでしまう??

ゴールデンカムイ【225話】ネタバレ!札幌の連続殺人事件の犯人は刺青脱獄囚!

2019.12.27

ゴールデンカムイ【223話】考察!鶴見中尉の居場所は?新勢力・海賊房太郎とは?

2019.12.13

 

スポンサーリンク

尾形に「もう狙撃が出来なくなってしまった説」が浮上

土方勢力の動きを描くなかで、ところどころに尾形が狩りに出かけるシーンがあります。

 

前回もありましたし、今回もありました。

 

どちらも尾形が狙いを定めた鳥を撃ち落とすことができませんでした。

 

オオハクチョウを持ち帰った尾形ですが、ぶん殴れば捕まえられることはアシリパが証明していました。

 

つまり、狩りに出かけた尾形ですが、銃ではなく殴り殺したオオハクチョウを持ち帰った可能性が高いです。

 

尾形は重傷を負って北海道に帰ってきています。

 

このため、今は本調子ではないので狙撃が上手くできない可能性はあります。

 

しかし、目や腕などの狙撃に必要な体の部位には、傷を負ってる気配はありません。

 

そこで、もしかしたら目に重大な損傷が発生しているのではないかと考察しました。

 

狙撃兵である尾形が銃を撃てなくなったら・・・もう存在意義がありませんね。

 

というところから、宇佐美による尾形殺害の可能性があると予想しています。

 

ゴールデンカムイ第225話の考察まとめ

これから各勢力が動き出すところなので、なかなか考察が難しい回でした。

 

とはいえ、それぞれの居場所がある程度まで把握することができました。

 

鶴見中尉は動きませんが、第七師団と土方勢力が札幌で遭遇します。

 

最後にひとつ気になっている点は、菊田と牛山の関係です。

 

名字も違いますし、所属も違うふたりなのですが、特徴的な額が共通しています。謎の頭のでっぱりが共通しているふたりには、なにか血縁関係があるのでしょうか。

 

いずれにしても、注目は宇佐美の動向になりそうです。

 

確実に名のある登場人物の誰かを殺します。

 

宇佐美が殺す可能性が高い人物ランキングは・・・

1位 有古
2位 尾形
3位 牛山

それぞれ菊田が殺すことをためらう可能性があり、あっさり殺す宇佐美の姿が見えます。

 

予告コメントを見る限り、次回で早速両陣営が遭遇しそうですね。

 

次回からのゴールデンカムイも楽しみです!

ゴールデンカムイ【225話】ネタバレ!札幌の連続殺人事件の犯人は刺青脱獄囚!

2019.12.27

ゴールデンカムイ【223話】考察!鶴見中尉の居場所は?新勢力・海賊房太郎とは?

2019.12.13

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。