【進撃の巨人】世界に一つだけのデジタルアートが登場!!

 

みなさん、こんばんは。ナガトです(^o^)丿

ドドン!

 

 

これ知っていましたか??

進撃の巨人のデジタルアートというものが登場するようです!!

「デジタルアートって要は画像のことでしょ( ̄▽ ̄)」と思っている方もいるかもしれません。

ただ、普通の画像とはちょっと違うようなので、今回はそれをナガトなりに解説してみますね!

 

進撃の巨人デジタルアートとは??

 

進撃デジタルアートについては以下のページに詳しく説明があります。

»進撃の巨人 世界に一つだけのデジタルアート

 

 

上のページに行くと、いきなりドカーンときれいな画像が並んでいます!

デジタルアートを所有するオーナーとなった人は、3つの能力を持てると書いてありますよ!!

 

 

複製不可能なアート所有権!

一つ目はこちら。

アニメ製作者の承認と、最先端のブロックチェーン技術によって、そのアートワークを世界にあなただけが所有しているという事実を100%証明します。その記録は人類の歴史、戦果として、永久に残り続けます。

 

「ブロックチェーン技術によって」という部分に注目です(`・ω・´)

ブロックチェーンについてあまり詳しくないですが、簡単に言うと

みんなで使える

けど

誰も改ざんできない

という特徴を持っているそうです。

ざっくりでスミマセン(笑)。

 

とりあえず、「あなたが所有していたというデータが残りますよ!」ということですね(^o^)丿

すごい、とナガトは思ってしまいました。。。

データは誰もいじることができないので、本当に所有していた人の記録しか残らないということです(; ・`д・´)

これ↑がデジタルアートを所有しているオーナーの証明書です!!

「下記の期間、オーナーであったことを証明する」と書いてあります!!

正直に言って、ほしくなりました。

値段は1万円です。

最初は高いかなと思ったのですが、自分の名前が残るなんて魅力的だなと思ってしまいますよ(*’▽’)

 

 

二つ目がこちら↑

額縁セル画付きアート!

2000年前後を境に、アニメ作品のピースである実物のセル画は姿を消しました。今回、デジタルデータをセルフィルムに印刷することで、失われたはずの“セル画”をリミテッド・フレームとして復活させます。 
※注文には別料金がかかります。

 

アニメを制作する上で「セル画」というものが昔は使われていたらしいのですが、デジタル化が進んだことで、セル画は姿を消していったとか、、、。

なのでアニメ界ではセル画は貴重だということです!

額縁セル画の場合だと別料金がかかって、プラス5万円です。

 

 

額縁セル画を選ぶと実物が届くそうですっ(≧▽≦)

これが家に届いたら、たぶん興奮します(笑)。

 

 

3つ目の能力です。

世界にひとりだけに許されたその能力を、継承を望む次のオーナーにAnique(アニーク)というプラットフォーム上で移転させることが可能です。次のオーナーは前任者に対価を支払いますが、その金額の一部は創り手に還元され、次の作品を生み出す源になります。

 

作品の所有権を渡すことができるみたいです!!

このデジタルアート入手は抽選で決まりますが、もし抽選に外れてしまっても、まだチャンスがあるということになりますね!(^^)!

ゆくゆくは色んな方の名前が刻まれるということになりそうです!!

応募の受付期間は

2019年5月8日~5月20日

となっています。

当選発表

2019年5月27日以降にメールで当選者に知らされるということです

 

ナガトも応募しようか迷っているところですが、おそらく応募します(*^^*)

 

進撃の巨人 日めくりカレンダー

 

今日の進撃日めくりカレンダーは、、、

 

「進撃の巨人」365日 日めくりカレンダーより

シガンシナ区最終奪還作戦!!

 

8日、9日に続き、またアニメと被せてきましたね(≧▽≦)

これは79話「完全試合パーフェクトゲーム」のシーンなので確実に次回53話に登場しますよ!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。