【進撃の巨人】エレン死亡?ガビが撃ったエレンは偽物か考察!!

 

みなさん、こんばんは!ナガトです(‘ω’)ノ

119話のラストでまったく予想していなかった事態が起きました!

主人公のエレンが首を撃ち抜かれ、リヴァイ兵長のときと同様混乱しているナガトです。

見た感じだとエレンは死んでいるはずですよね?だとしたらあれはエレンじゃないのでは!?

と考えるのも納得です。

考えましょう!

 

エレン首を撃ち抜かれる

 

7月9日に公開された進撃の巨人119話の最後でエレンにまさかの事態が起こりました。

「進撃の巨人」119話「兄と弟」より/諌山創

エレンゲリオンの体内から出てジークのもとに走っていくエレンを、ガビが巨人砲で捉えました。

エレンの首は体から完全に分離してしまっているので、普通に考えれば死亡です!

しかし、主人公のエレンが死亡してそのまま物語が進むということは考えにくいですよね?

ということは何かしら事情があり、エレンは生きているのではないでしょうか?

 

エレンが生きている説

 

進撃の考察アースさんのツイートを発見しました!下記をご覧ください。

 

 

119話コメントが大盛り!「エレンは道に行き少女に会う」「脳機能移行して助かっている」「戦鎚の能力のそっくりさんエレンで助かっている」などなど、もの凄い考察が来ています!
管理人アースは「戦鎚そっくりさんエレンだった」かなと。
進撃は本当に面白い!(^o^)

 

みなさん早速予想していてすごい(゚Д゚;)

正直ついていくのが大変です。

ツイートの考察内容を順番に見ていきます!

 

・エレンは道に行き少女に会う

かなりあり得そうな展開だと思っています(`・ω・´)

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

115話でジークが「道」を見たのと同様にエレンも「道」を見るのでは?という考えですよね。

つまりエレンは一度死んでいるということになります。

ジークは完全には死んでいなかったように思ったりもするのですが、、。

この少女が完全に死んだ「ユミルの民」を生き返らせることができるのかは謎ですが、115話に引き続き登場する展開はありそうじゃないですか!?

 

・脳機能移行して助かっている

「エレン『道』の少女に助けられる説」に負けず、こちらもあり得そうな展開だと思いますね(; ・`д・´)

「進撃の巨人」74話「作戦成功条件」より/諌山創

シガンシナ決戦で兵長に首と胸を刺されたライナーは生きていました。

「九つの巨人」の保有者は意識を脳から全身に移すことで、たとえ急所をやられたとしても死なないというわけですね。ほぼ不死身です。

「進撃の巨人」75話「二つの戦局」より/諌山創

この要領で、エレンもガビの銃弾を受ける直前に意識を全身に移しておけば、死なずにすむはずです!

「進撃の巨人」119話「兄と弟」より/諌山創

エレンはガビが銃を持って自分の方を向いていることに気付いているので、意識を全身に移す余裕はあったはず。ただ、エレンがそれを知っているかはわかりませんね(汗)。つまり、エレンが「意識を全身に移せば助かる」ということを知っているかは謎ですよね(`・ω・´)

 

・戦鎚の能力のそっくりさんエレンで助かっている

「戦鎚の巨人」の力を使ってダミーのエレンを作り出しているという考えです。

これはまったく思いつきませんでしたね!

「進撃の巨人」102話「後の祭り」より/諌山創

自由自在に武器などを作り出せるというのが「戦鎚の巨人」の能力です。

この「何でも器用に作っちまう」能力で、偽物のエレンを作ったという予想ですが、どう思いますか?

もしその展開が描かれたらクールですが、一方で疑問も出てきます。

 

 

おはようございます。
衝撃場面だけに妄想が広がりますね😅
個人的に戦槌ダミーは厳しいのでは?と見ています。ここまでエレンは巨人化してから戦鎚による攻撃を2回、全身の硬質化を一回と短期間で連続して力を使っているので…。頭を接触したら記憶にも触れそうですね。

 

昨日のナガトのツイートに対して sukekiyoさんからご返信をいただきました。

sukekiyoさんが仰っているように、ここまでの戦いでエレンは力を使いまくっていますよね!?

その状態でダミーエレンを作り出す余裕はあるのか!?と言われると無いという方が流れとしては自然な気がします。

なのでナガトはsukekiyoさんの考えに同意です(^o^)丿

 

ガビに注目

ただ、こんなコメントをいただきました↓

ガビがエレンを見て動けないんだとしたら119話でガビが撃ったのはエレンじゃ無いのかもしれないですね。戦鎚説濃厚ですね。

ガビガビカビーンさん、コメントありがとうございます(*^^*)

名前が!(笑)。

 

気付いていませんでしたが、たしかにガビの体が硬直してないんですよねっ!!

»【進撃の巨人】ガビの体が動かない!?原因は「始祖」保有者エレン?

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

ガビの体が動いているというのは、もしかしたらガビに撃たれたのはエレンではないということの伏線なのかも?と考えられそうです!

これは「ダミーエレン説」を補強しますね(`・ω・´)

みなさん洞察力が高すぎて、、、ナガトは驚いてばかりです(笑)。

 

「地鳴らし」は起きる?

 

ここからは少し話の方向を変えて「地鳴らし」の可能性について考えます。

エレンとジークが接触すれば「地鳴らし」が発動しますが、あと一歩のところでエレンがやられました。

この展開は「地鳴らし」にどう影響してくるのでしょうか?

 

「地鳴らし」が起きない展開

 

もし地鳴らしが起きない展開が来るなら、現状はどのように収拾されるでしょうか?

まず、パラディ島に残された戦力は、兵士たちとジークの叫びによって発生した無垢の巨人たちになると思います!

マーレ側には鎧の巨人と、車力の巨人、そして兵士たちがいます。

南側にまだ戦力が控えているとしたらどうでしょう。

ジークは大ダメージを受けている状態で、エレンもよくわからない状態なのでマーレ側が有利な気がします。

そこでアルミンの超大型巨人が戦力になると考えることもできます!しかし、超大型巨人が出現するときの爆風でシガンシナ区はさらに損害を受けることになりそうですね(>_<)

むやみに巨人化してもマーレ側は超大型が消耗戦に弱いことを知っていると思うので、上手くいくかわかりません、、、。

地鳴らしが起きない場合、完全にパラディ島の敗北になる気がするので個人的には「地鳴らし起きる派」です(`・ω・´)

 

「地鳴らし」が起きる展開

 

シガンシナ区の壁から数十体の超大型巨人が出てくれば、文字通り地面は平らになります。

というかシガンシナ区が崩壊しそうですね。

マーレ軍はシガンシナ区の内側にいるので、超大型巨人たちもシガンシナ区内に寄ってくるのかな?と思います。

正直あの大きさだと、敵も仲間も関係なくみんな犠牲になりそう(>_<)

それでもマーレ軍を島から撃退するには、たぶんこの方法しかないですよね!?今のところは!

なので、やはりエレンが生きているというふうに考えるのが正しい気がしてきました(`・ω・´)

あくまで予想なのでハズれるかもですが、何らかの理由で生きていたエレンがジークと接触を果たし、地鳴らし開始となるのでは!?と予想します(`・ω・´)

混乱の中でキヨミ様が登場し、ミカサやアルミンたちをヒィズル国に連れていく展開も予想中です!!

「しかと『地鳴らし』の力見定めさせていただきます」という言葉を読み返して思うのですが、地鳴らし発動のタイミングでキヨミ様が表れそうな予感がめっちゃありますね(; ・`д・´)

 

というわけでエレンは生きているか?を考察しました(^o^)丿

これからも考察を続けます(`・ω・´)ゞ

 

 

進撃の巨人 日めくりカレンダー

 

今日の進撃日めくりカレンダーは、、、

 

「進撃の巨人」365日 日めくりカレンダーより

 

ジーク vs. リヴァイ兵長の構図がいいですね!かっこいい!(^^)!

レベリオ襲撃ではジークを捉えることが目的で、ジークもそれを知っていたということでしたよね?

飛行船の中の話を見るまでは、本当にまったく気づきませんでした(;´・ω・) 調査兵団がジークと手を組んでやっていとはっ!

読み返してみるとたしかにジークの不審な点は見られるのですが、それでもナガトには少し難しすぎました、、、。

また明日です(‘ω’)ノ

6 件のコメント

  • ナガトさん、こんばんは
    119話、自分の予想の真逆の衝撃展開で暫く呆然としていました(笑)
    中でもファルコが巨人化し知性巨人を継承した事、ガビが再度人間を狙撃した事が1番の衝撃です
    この2人は未来の子供に含まれていなかったということなのでしょうかね
    そうなるとサシャファミリーの安否も微妙になりますね…

    エレンの生死、自分は生きていると思います
    復活の方法は様々な考察がされていますが自分には今のところ予想がつきません
    ただ、吹き飛んだエレンの頭部は手を伸ばしたジークの方へ飛んでおり、ジークの手にエレンの頭部が触れた時にエレンの記憶(エレンは親の愛を受けて育ったのでジークとは違う)が流れるのではと思うのでその頭部、すなわちエレンはダミーではないと考えています
    そして記憶や真意が伝わるのと座標の発動は同時ではなく、座標の発動はエレンが復活後、ジークとの戦いの後ではないかと思っています

    いや、甘いのですかね…ジークも叫んだしナガトさんのおっしゃる通りそのまま地鳴らし発動になるかもしれませんね
    弱気な考察ですみません(笑)
    今回はこれで失礼します

    • とおやまさん、こんばんは!
      呆然とするのもわかります(笑)。
      衝撃が各話大きくなっていってるような。

      エレンの頭部に触れたジークにエレンの記憶がジークに流れるという展開はおもしろい考察ですね!
      メモしておきますm(__)m
      エレンとジークが戦う展開はあるかもですね。何だか諌山先生にはまだまだ書きたいことが貯まっている気がするので、ここらへんで一気にぶち込んできそうな予感はあります(`・ω・´)

      コルトの嘆願を断ってからのジークの叫び展開にはかなりショックを受けましたが、あれくらいやってしまうのが進撃の巨人なんだなと思いましたね(>_<) 悲惨すぎます。 エレンの「---待て」が登場したことによって、やっぱりファルコ、もしくは兵団を助けたいという気持ちがあるのかな、と思いました。 もし、エレンがファルコを助けたいと思っているのなら、「地鳴らし」もほどほどにしないといけませんね...。 考察待っています(*^^*)

    • なんとっ(゚Д゚;) 気付きませんでした。
      戦鎚ダミー説ありえるかもですね!!
      またコメントよろしくお願いします(*^^*)
      null

  • ナガトさん、こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
    エレン、ショックでした。先なんてまったく読めません。
    ですが、ハンジさんと兵長の現状を想像して見たので書き込ませてください。
    2人が地下街に潜伏している、なんてどうでしょう。リヴァイはよく知った場所ですし、知り合いもそれなりにいるでしょう。
    そして身を潜めるにはもってこいの場所です。
    そこまでの移動手段は考えていませんが(笑)

    そしてそして…
    地下のあちこちが、エレン巨人の硬質化で補強されまくっていた…なんて展開はいかがでしょうか。
    いわゆる地下シェルター化ですね。名付けてエレンシェルター(笑)
    地下潜伏中にそれに気づく調査兵団トップ2。
    それともノアの箱舟的なものが用意されているかも?

    こんな展開もありかなと思ったのですが、凡人の予想のはるか彼方へ飛んでいくのが進撃なんですよね。
    ナガトさんの考察、楽しみにしております。では。

    • うららさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます!

      地下街の発想はまったくなかったですm(__)m よく思いつきましたね!(^^)! 可能性はありますよね!
      兵長があの重症の状態で助かるとしたら、地下街のかつての顔見知りに助けてもらう必要が出てきそうですし。
      ただ、おっしゃるように移動手段がわかりません。ハンジたちはウォール・マリアの外にいたので、そこからウォール・シーナまでとなるとかなりの距離がありそう?
      調べてみたところウォール・マリアの壁からウォール・シーナの中心までは直線で230kmくらいの距離があるみたいです。ハンジたちがいるのはマリア壁外なのでもっと遠いかもですね(>_<) ハンジたちに誰かしら助っ人がいれば、移動手段も得られるかもしれませんが...。 地下街にノアの箱舟が用意されている...おもしろいですね!(^^)! パラディ島を放棄して少数がどこか他の国に移動する展開とかはありそうです! コメントを読んでいて、ふと「ウォール・シーナにあるような地下街がウォール・マリアにもあるのかな?」という疑問が浮かびました。 話はそれますが、地下街がどこまで続いているのか、マリアとローゼの地下はどうなっているのか...気になります(._.)

  • コメントをどうぞ

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。