【進撃の巨人】ガビの体が動かない!?原因は「始祖」保有者エレン?

 

こんばんは!ナガトです。

 

最近はジークや始祖ユミルについての考察・妄想の記事が多かった気がします。が、今回は少し角度を変えまして、他の人物にも注目していきたいと思います!

 

ではさっそく本題へ入っていきましょう(`・ω・´)

 

エレンを見るとガビは体が動かない?!

 

112話「無知」でエレンとアルミン、ミカサ、ガビの4人で話し合いをしましたよね。ガビの様子に異変が出たのはこのときが最初だったという風に記憶しています。

 

「進撃の巨人」112話「無知」より/諌山創

 

これは、エレンが右手に傷をつけて、「オレはいつでも巨人化できるぞ」と脅しているんでしょうか?その脅しでガビがビビっているということなのでしょうか?

 

エレンのこの手の脅しのようなものは以前にもありましたね!

 

「進撃の巨人」99話「疾しき影」より/諌山創

 

4年ぶりにライナーと再会したエレンは同じように右手の平に傷を作っていました。おそらくこれもライナーに対して「オレはいつでも巨人化できるんだぞ」という脅しの意味があったのかもしれません。

 

もしくはあらかじめ傷を作っておくことで巨人化のタイミングを柔軟に操作できるのかも。

 

「進撃の巨人」99話「疾しき影」より/諌山創

 

「進撃の巨人」101話「戦鎚の巨人」より/諌山創

 

ガビは先のヴィリー・タイバーの演説やパラディ島勢力によるマーレ奇襲によってエレンが巨人化の能力を持っていることを知っています。なので、エレンの手の傷を見て巨人化を連想することができるので、怖がってもおかしくはないのかなと思います。

 

そして最新115話「支え」でもガビがエレンに対してビビってしまうシーンが登場しましたね!

 

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

 

ガビは「…まただ」「体が…動かない…」と言っていますので、以前にも同じことがあったと認識していますよね。以前がいつのことなのかというと、先ほど載せた112話「無知」のシーンだと思います。

 

しかし、今回は112話のときとは違う部分がありますよね!!そう、エレンの手からは血が出ていません!

 

いや、血が出ていないかはっきりとはわからないのですが、たぶん出ていないと思いますし、ガビがエレンの手に注目している描写がありません!

 

というわけで今回はエレンを見たことによってガビはビビってしまっているんですよね。もう少し正確にいうと、エレンが「ファルコを助けたかったら強力しろ」とガビに言ってから体が硬直しているように見えます。

 

原因は何なんでしょう(;´・ω・)

 

体が硬直する原因はなんなんだろう?

 

112話ではエレンの手から血が出ているのを見て、ゾワッとするガビの様子が描かれていて、115話ではエレンに話しかけられてから体が硬直しているガビですが、原因はどこにあるのでしょうか?

 

112話でエレンに対して恐怖心を持ったから、115話でもそれを思い出して恐怖心が蘇ってきたということなんでしょうか?

 

はっきりしませんが、これは何かの伏線になっているような気もしますねー( ̄▽ ̄)

 

もし何かの伏線でなければ2回も同じような描写を書くというのは考えにくい気がします。うーむ、諌山先生は何を考えているんでしょう…。

 

今のところエレンとガビに何か繋がりがあるようには思えません。とするとエレンが持っている力!?が原因なのでしょうか。エレンが「始祖の巨人」の保有者であることが原因という可能性もあるかも、と少し思っているナガトです( 一一)

 

「進撃の巨人」114話「唯一の救い」より/諌山創

 

クサヴァーさんの発言を参考にすると、「始祖の巨人」の持ち主が力を行使すれば「ユミルの民」の体の構造を変えられるとのことです。ということはユミルの民であるガビの体をいじることくらい朝飯前なのかな、と考えたりするわけです。

 

「進撃の巨人」115話「支え」より/諌山創

 

一方でクサヴァーさんはこんなこと↑も言っていて、王家の血を引く者と接触しないかぎり始祖の巨人の力は発揮できないと言っています。

 

ではエレン単体じゃユミルの民の体をいじることはできないのかな?と思いそうになったのですが、それは「不戦の契り」を打ち破るときにだけ必要なことであって、それ以外の場合のことは言及されていない気がします(-_-;)

 

もし、王家の血を引く者と接触しなくてもユミルの民を操作することができるなら、ガビを操作できてもおかしくないのかもしれません!

 

とはいえ、このあたりは複雑なのでよくわかりませんね…( ̄▽ ̄)

 

112話で1回、115話で1回ガビの様子に異変が出ている描写があることは事実なので、今後の伏線になっている可能性は高いと思っていますよ(`・ω・´)

 

パッとした考えが出てきませんでしたが、今後も気になることがあったら当ブログにどんどんメモっていきます!

 

これを見てくださっている進撃ファンのみなさんも気になることがあったら、どんどん書き込んで構いませんのでお気軽にどうぞ(/・ω・)/

 

今日の日めくりカレンダー!!

 

進撃の巨人27巻の限定版を買われた方は27巻特性クリアカバー365日 日めくりカレンダーがもらえたかと思います!

 

 

日めくりカレンダーを使っている方がどれくらいいるかわかりませんが、当ブログではナガトが個人的に気になったカレンダーを載せていきたいと思います!(^^)!

 

「進撃の巨人」365日 日めくりカレンダー

 

今日は22巻88話「会議」の中の場面でしたね。わりと好きな場面です(笑)。

 

クルーガーの言葉やしぐさをしていたエレンをハンジが詰問します(笑)。

 

「進撃の巨人」365日 日めくりカレンダー

 

好奇心旺盛なハンジからしたら、エレンが独りでしゃべっていたのがかなり気になるのでしょうねw

 

兵長はエレンの行動が、記憶が蘇ったことによるものだということを察しているのかわかりませんが、エレンをかばっていますね。「こいつは15だぞ?『そういう時期』は誰にでもある」と言って。

 

ハンジは「はぁ?何だよ『そういう時期』って?」「誰もいないところで空を睨みつけながら独りごちる時期なんて私には無かったよ?」と反論しますが、何だかハンジの言っていることもまともな気がして、エレンを真顔でかばう兵長もおもしろおかしく見えてくるのですが、これはナガトだけでしょうか?w

 

アルミンもエレンのことを守っていますが、「はぁ?何それ?どういうこと?」とハンジww

 

「進撃の巨人」365日 日めくりカレンダー

 

「十日分の罰なら今ハンジが与えた」という兵長もユーモアがあってこれまたおもしろい。ハンジは相変わらず、という感じw

 

今日の日めくりカレンダーはおもしろいなと思ったので載せてみました(≧▽≦)

 

以上になります。さようならー!(^^)!

2 件のコメント

  • ガビがエレンを見て動けないんだとしたら119話でガビが撃ったのはエレンじゃ無いのかもしれないですね。戦鎚説濃厚ですね。

  • コメントをどうぞ

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。